わきが

保険適応の難しさ

 昨日の院長日記、
 レーザーによる中学生のわきが治療
 …にさくらんぼさんから、
 コメントをいただきました
 中学生のレザー治療ぜひ保険適用に先生の生きているうちにしてほしいです
 ありがとうございます。
      ■         ■
 残念ですが、
 想像以上に難しいのが保険適応にすることです。
 形成外科は、
 ず~っと長い間、
 保険適応で苦労してきました
 私が忘れられないのが、
 日本形成外科学会の重鎮だった、
 東京厚生年金病院形成外科の、
 中村純次先生です
      ■         ■
 若い形成外科の先生には信じられないと思いますが、
 昔は小耳症しょうじしょうで、
 耳介をつくることすら、
 保険では認められていませんでした。
 昭和50年の毎日新聞社会欄に
 「ボク、左耳がほしい。健保なぜきかないの?
 という記事が出ました。
 耳がない病気の子どもさんが、
 当時の田中厚生大臣に手紙を書きました。
 その翌日に、
 「左耳、手術できるよ」と、
 田中厚生大臣が健康保険の適応を認め、
 それが毎日新聞の記事になっています。

      ■         ■
 私たちが行っている、
 腋臭症手術皮弁法ができたのは、
 平成の時代になってからです。
 私が形成外科医になった時にはありませんでした。
 日本には、
 わきが
 えきしゅう
 におい

 …で困っている人がたくさんいます。
 参議院議員選挙では注目されないでしょうけど、
 わきが治療の保険適応を増やしてほしいです。

“保険適応の難しさ”へのコメント

  1. えりー より:

    声上げることで保険適応が
    認められてきた歴史もあるの
    ですね。本間先生も以前、
    おっしゃっていたかもしれませんが、
    もし大臣や議員の方々が、
    わきがで困っていらしたら、
    保険適応になる可能性も
    早いのかと思いましたが、
    そう簡単にもいかないのが
    現状なのでしょうか。
    いろいろ気になる年頃の子供達が
    救われる世の中になって欲しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。日本の医療財政が厳しい中で新しい治療を保険適応にしてもらうのは難しいのです。わきがとかにおいで困っている人は多いのですが、、、

  2. さくらんぼ より:

    医師や看護師が国会議員になっているので改革して欲しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。わきがのことを選挙で訴えても票にならないと思いますが、改革していただきたいです。

  3. なっちゅん より:

    ワキガを訴えても票にならない
    確かにそうですね。
    早く早く保険適応の時代が来て欲しいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。議員さんは票が大切です。『私が参議院議員に当選したあかつきにはわきが治療の保険適応を拡大します!』と訴えても当選できないですよね。

  4. ラベンダー より:

    こんばんは。
    先生のブログはためになって面白く、毎日拝見しています。

    形成外科医さんは、工夫して、より効果的な方法を
    開発することがあると思うのですが、そういう方法は
    いちいち 保険適用になるとか適用外とかが
    決まるものなのですか? わきが治療の例だと
    手術は保険適用で、レーザーは保険適用外
    乳がん手術の再建は保険適用で、乳輪乳頭の入れ墨は
    保険適用外 脂肪注入は保険適用外・・・といろいろ
    細かく分かれていますね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    日本形成外科学会では厚生労働省に対して保険適応の拡大を要望していますが、なかなか実現しません。ご指摘のように乳頭乳輪の入れ墨は保険外です。外陰部の皮膚を移植して乳輪をつくる手術は保険適応になると思います。脂肪注入は保険外です。すべて厚生労働省が決めることです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ