医学講座

形成外科の死亡事故

 今日は2019年11月5日(火)です。
 札幌は寒いです。
 自転車通勤はあと3週間くらいかなぁ~?
 今月末には駐輪場が閉鎖されます。
 11月末には雪道になることもあります。
 今年の冬も転ばないように注意です。
      ■         ■
 昨日の院長日記、
 北大のイチョウ並木2019に書いた、
 患者さんのお通夜の続きです。
 亡くなった患者さんは、
 耳下腺腫瘍でした。
 術前検査では異常はありませんでした。
      ■         ■
 手術は順調に終わり、
 麻酔も問題ありませんでした。
 一晩だけ、
 ナースステーション横の回復室で過ごし、
 手術翌日からは、
 病室に戻る予定でした。
      ■         ■
 元気だった患者さんが、
 手術日の夜に亡くなるなんて信じられませんでした。
 病理解剖の結果でも、
 死因ははっきりわかりませんでした。
 人間はある日突然死ぬことがあります
 路上で倒れることもあります。
 たまたま手術した日に病院で亡くなることもあります。
      ■         ■
 私が経験した患者さんは医療事故ではありませんでした。
 このような死亡例ではなく、
 手術が原因で患者さんが亡くなることがります。
 亡くならなくても、
 重度の後遺障害が残ることもあります。
 形成外科は命にかかわることが少ない科です。
 残念なことですが、
 40年近くも形成外科医をしていると、
 形成外科の死亡事故もあります。
      ■         ■
 私自身は死亡事故や重大事故は起こしていません。
 これからも事故は起こしたくありません。
 でも、いつも明日はわが身
 …と思って診療をしています。
 アナフィラキシー
 …というこわい副作用もあります。
 毎日使っている麻酔薬でも要注意です。
 若い先生に教えてあげたいです。

“形成外科の死亡事故”へのコメント

  1. えりー より:

    子供の頃、親戚のおじいさんが
    1人徒歩で喘息の治療に
    行きましたが、何時間後に
    病院から家族に連絡が入り
    駆けつけた時には意識がなく、
    そのまま亡くなってしまいました。

    歯科の麻酔薬でも何事も
    絶対大丈夫ということは
    ないことを医師側も患者側も
    意識しなくてはならないと
    今日の先生の日記を拝読して
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。喘息はこわい病気です。重積発作じゅうせきほっさという病態になって若い患者さんが意識不明の重体になることもあります。歯科で使う麻酔薬もわれわれ医科で使う麻酔薬も同じキシロカインという麻酔薬です。医科でも歯科でもアナフィラキシーショックはあります。毎日気を引き締めて治療にあたっています。

  2. なっちゅん より:

    元気だった患者さんが、
    手術日の夜に亡くなったのは
    ご家族、携わった先生、看護師さんも
    かなりの衝撃で
    とてもお辛かったと思います。

    突然死について
    最近考えてました。

    ピンコロと本間先生は書かれてましたが
    家族としては2、3日でいいから
    苦しくない程度に患って
    天に召される覚悟が欲しいです。

    超慎重派の本間先生なので
    クリニックで事故は今後もないと
    私は思います。
    ですが、お祈りはさせて頂きます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。うちの奥さんの父親がゴルフ場で倒れてそのまま天国に行きました。64歳でした。私はうちの奥さんの父親の年齢を超えました。いつ死んでもいいように身の回りはきれいにしているつもりですが、もう少し元気で生きようと思っています。

  3. さくらんぼ より:

    鼻の手術をしてからアレルギーが出た息子、乳アレルギーになり買い物は必ず成分を見ます。母も息子も妹は麻酔に弱く、 妹は術後血圧が下がり中々上がらず、大変です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。鼻の手術後にアレルギーになった息子さんはほんとうにお気の毒です。歯科の麻酔でもアレルギーで反応が出ることもあります。死亡事故でなくても困っている方は多いです。医療は難しいです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ