医学講座

看護師さんとの思い出

 今日は2019年11月8日(金)です。
 昨日、札幌市内で初雪が降りました。
 寒いです
 今日も自転車通勤ですが、
 正直なところ、
 手が冷たくてもうそろそろ限界です。
 今月末まであと何回通勤できるかなぁ~?です。
      ■         ■
 昨日の院長日記、
 近藤潤子先生受賞おめでとうございます
 …の続きです。
 私はお酒に弱いので、
 看護師さんと飲みに行ったりするのは、
 はっきり言って苦手でした。
 毎年12月になると、
 何回も忘年会があり大変でした。
      ■         ■
 私の楽しい看護師さんとの思い出は、
 学会発表です。
 JA帯広厚生病院に勤務していた時に
 東5病棟の看護師さんが、
 日本熱傷学会で発表してくれました。
 座長の東京女子医大形成外科の先生から褒められました
 とてもうれしかった記憶があります。
      ■         ■
 看護師さんの研究発表は、
 忙しい日常業務の間に準備をします。
 それはそれは大変なことです。
 まみ子師長さんのように、
 学会発表をして、
 論文まで書いた立派な看護師さんもいます。
      ■         ■
 今のJA帯広厚生病院看護部長の、
 光 恵子みつ けいこさんは、
 私がJA帯広厚生病院に赴任した時にいっしょに働いた看護師さんです。
 帯広厚生病院HPに出ていた、
 光看護部長のお言葉が印象的です。
      ■         ■
 看護部長からのメッセージ
 「心よりも先に方法や技術が出てはならない」
 看護職の役割として診療の補助行為と療養上の世話があります。
 看護職の独自行為として責任を持つのが療養上の世話です。
 当院は、
 急性期病院であり診療の補助行為が中心になりがちですが、
 常に立ち止まり医療の対象である「ひと」を看ることを忘れないということを語り続けています。
 看護という仕事のやりがいを私たちと共に実践を通して学び感じましょう。
 帯広厚生病院 看護部長 光 恵子みつ_けいこ

      ■         ■
 光みつ看護部長の、
 看護という仕事のやりがい
 …というお言葉、
 昨日の、
 近藤潤子先生の、
 医師と看護師は医療の両輪
 …というお言葉、
 看護という仕事は素晴らしいと思います。

“看護師さんとの思い出”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    頭痛の為、お休みさせて下さい。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    ご友人が急逝なさって大変なことだったと思います。元気になってください。

  2. えりー より:

    寒くなり職場でも咳をしてる人が
    多いです。ストーブが昼間も
    必要になってきました。

    近藤潤子先生、まみ子師長さん
    そして今日ご紹介していただいた
    光看護部長さん、素晴らしい
    お考えや思いをもって日々お仕事
    している看護師さんがいらっしゃる
    ことを嬉しく思います。
    以前の講演会で方波見康雄先生も
    「ひとを診るそして看る」
    というお話をされていました。

    大変なお仕事だと思いますが
    とても大切で尊い仕事だと
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私は幸運にも優秀な看護師さんたちと働くことができました。患者さんのために医師も看護師も全力で治療をしていました。光さんは看護部長さんとして光り輝いて見えます。これからも精力的にお仕事をなさってください。

  3. さくらんぼ より:

    次男夫婦も看護師です。近くにいないのでどんな看護師なのかわかりませんが、脳神経外科病棟勤務です。長男はリハビリをしていて動けない患者さんのために四季折々の花、桜、ツツジーあやめ、ダリア、ゆり、菊人形の公園に行き、写真から撮り引き伸ばして貼ってあげてるようです。医療人として患者さんに寄り添った医療をしてほしいものです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お忙しいのにコメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんご子息様はお二人とも素晴らしい方たちです。患者さんに寄り添って毎日働いていらっしゃいます。素敵なご兄弟です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ