医学講座

形成外科の進歩⑩【縫合法】

 私は医学生だった時に、
 顔のキズを…
 少しでも目立たなく治したいと思い、
 図書館で大森清一先生の本を見つけて、
 形成外科を知りました。
 それから30年以上が経ちました。
      ■         ■
 大森清一先生の弟子が、
 私の恩師である、
 大浦武彦先生です。
 形成外科医になった理由に書きました。
 人と人の出会いというのは偶然ですが
 人生に大きな影響を与えます。
 私は幸運にも
 とても素晴らしい指導者に恵まれました。
      ■         ■
 私の縫合法の基礎は、
 大浦武彦先生と、
 北大形成外科の先輩です。
 形成外科は進歩しましたが、
 切って
 縫う
 という基本的手技は、
 30年前の技術そのものです。
      ■         ■
 世の中には、
 ダビンチという手術ロボットが出ました。
 回転ずしでは、
 すしロボットもあるようです。
 どんなに技術が進歩しても、
 ロボットが握ったすしは、
 職人さんが握ってくれたすしにはかないません。
      ■         ■
 形成外科の縫合法も、
 30年やってもまだまだと感じます。
 同じ部位でも、
 年齢によって、
 人種によって、
 人によって、
 皮膚が違います。
 手術ロボットが進化しても、
 形成外科の手術は…
 ロボットにはできません。
      ■         ■
 私はよく目の手術をしますが、
 同じように手術をしても、
 左右差が出ることがあります。
 片方の目だけ、
 キズが目立つことがあります。
 もともと左右差がある方、
 右だけ眉を上げたりする癖(くせ)、
 右だけ目をこする癖(くせ)、
 左右差が出る原因になります。
      ■         ■
 形成外科が進歩して、
 縫合に使う糸などの材料が若干変わりました。
 でも、
 皮膚を縫うナイロン糸は、
 極細の黒で、
 30年前と同じです。
 医療工学が進歩して、
 手術ロボットが優秀になっても、
 私たち形成外科医は失業しません。
 それだけ奥深い技術です。

“形成外科の進歩⑩【縫合法】”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    いろんな科に診ていただきましたが、形成外科だけ診ていただいた事がありません。
    山形は 形成外科に関してはとても 遅れた県だと思いました。
    何度 患者の声に投書してもだめでした。 恩師に恵まれて今の本間先生があるのですね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ