医学講座

埼玉で猟銃立てこもり医師は死亡

 今日は2022年1月28日(金)です。
 札幌は今日も寒いです。
 今朝のTVでとてもショッキングなニュースがありました。
 2022年1月28日、Yahoo!ニュースです。
 猟銃立てこもり男を殺人未遂で逮捕、医師は心肺停止 埼玉
 埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で27日午後9時ごろ、猟銃のようなものを持った、この家に住む男が訪問してきた男性医師(44)を人質に取って立てこもる事件があった。県警の捜査員が28日午前8時前、自宅に突入。男の身柄を確保し、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。男性医師は保護されたが、心肺停止の状態だという。
 県警や地元の消防によると、27日午後9時15分ごろ「発砲音があった。けが人がいる」などと119番通報があった。警察官らが駆け付けると、住宅の前で男性(41)が胸の辺りを撃たれて倒れていた。重傷だが、意識はあるという。
 また、別の30代の男性も催涙スプレーを吹き付けられて、県警東入間署に駆け込んだ。目の痛みを訴えているが、軽傷とみられる。男性らは医師のクリニックのスタッフ。亡くなった男の家族の弔問に関係者らと訪れ、トラブルになったとみられる。
 県警の捜査員は、固定電話を通じて男と交渉を続け、男は「(人質の医師は)大丈夫だ。救出してほしい」などと伝えていた。ただ、男は医師に電話を代わらず、直接状態を確認できていなかった。
 事件を受け、ふじみ野市は現場近くの中学校に避難所を開設し、28日未明には約50世帯の計約110人の住民が避難。また、周辺の小中学校3校は児童や生徒の安全確保のため、28日は休校措置が取られた。
 周辺には多くのパトカーや警察車両が詰めかけ、広範囲で立ち入りが規制された。男性会社員(50)は就寝中の午前2時に巡回してきた警察官の呼び掛けで妻と息子を連れ、中学校に避難した。「朝から仕事があるが、どうなるのか」と途方に暮れた。
 現場は東武東上線ふじみ野駅から西に数キロ離れた住宅などが点在する地域。

男が立てこもった現場周辺=28日午前、埼玉県ふじみ野市(萩原悠久人撮影)

 このニュースの続報です。
 埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件で、殺人未遂容疑で逮捕された渡辺宏容疑者(66)が県警の調べに対し、黙秘していることが28日、分かった。渡辺容疑者の母親(92)が26日に死亡したのを、担当医だった鈴木純一さん(44)が確認。27日に渡辺容疑者から鈴木さんらが呼び出された後に事件が起きており、県警は母親の死亡をめぐって何らかのトラブルがあったとみて詳しい経緯を調べている。
 県警によると、28日朝に県警の捜査員が渡辺容疑者宅に突入した際、鈴木さんは和室で、散弾銃で胸を撃たれた状態で倒れており、死亡が確認された。渡辺容疑者は同じ部屋のベッドと吹き出し窓の間に隠れており、ベッドの上に散弾銃が置かれていたという。
 渡辺容疑者は散弾銃を2丁所持しており、いずれも県警に届け出ていた。
(以上、Yahoo!ニュース、産経新聞より引用)

      ■         ■
 またか、、、
 どうして?
 …という思いです。
 院長の死亡確認 大阪の放火事件
 大阪で放火された事件から、
 まだ1ヵ月です。
 われわれ医師が患者さんのお宅に弔問に行くことは、
 まずありません。
 どうして撃たれなければならなかったのか?
 先生のご冥福をお祈りいたします。
 とても残念でくやしいです。

“埼玉で猟銃立てこもり医師は死亡”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    私も大変ショックを受けました。

    お医者様が患者さんのお宅に
    弔問に行くことは、
    まずないのですか。

    葬儀の場でということですね。

    亡くなったお医者様とその御家族の為にも
    早く事件が解明されますように。

    ご冥福をお祈り致します。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。真面目な先生だったから弔問に行かれたのだと思います。ほんとうに残念な事件です。先生とご家族がお気の毒で言葉もありません。心からご冥福をお祈りいたします。

  2. さくらんぼ より:

    今日は主人の実家の掃除に人を頼んで行って来てお昼お蕎麦屋さんでお店の人に人質になっていた医師が亡くなったと聞きました。先程のテレビでは患者さん思いのいい先生だったと聞いて、何で殺されなくてはならなかったのか知りたいです。
    ほかに撃たれた人もいて、医療人の息子達を持つ母としては心配になります。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。さくらんぼさんのご心配はごもっともです。どうして先生が殺されなければならなかったのか?散弾銃が簡単に所持できるのか?このような事件は二度と起きてほしくないです。心から先生のご冥福をお祈りいたします。

  3. えりー より:

    ニュースでの情報だけなので推測に
    なってしまいますが、
    大切な人を亡くした悲しみや孤独は
    誰かを殺めることで解決にはならないと
    私は思いました。

    今、大変な世の中で、このような痛ましい
    事件は本当に悔しいです。
    猟銃の管理もいま一度、考えてほしい
    と思いました。

    お亡くなりになられたお医者さまの
    ご冥福を心よりお祈りいたします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私たち医師は患者さんを選ぶことができません。応召義務といって診療を求められたら正当な理由がなければ断ることができません。きっと真面目でいい先生だったと思います。どうして猟銃で撃たれなければならなかったのか?どうしたら防ぐことができるのか?考えていただきたい事件です。先生のご冥福を心からお祈りいたします。

  4. ラズベリー より:

    今回の事件で思うことは、国が在宅医療を推進している中で何か歪みというか無理がきているのではないかと感じました。容疑者の不満、苦情が正しいかはわかりませんが、キュブラー・ロスの死の受容プロセスの5段階ある中の第1段階の【否認や孤立】、第2段階の【怒り】がほぼ同時にきて、その不満を訪問診療医に向けられたのだと推測します。
    亡くなったその家族の苦情イコール真実だとは限らないと思います。ただ、苦情の電話を受けたりした場合の苦情の記録は医療安全上、残しておくことが良いですね。苦情対応は1人で行わないで複数で対応などがいいですが、今回の場合、医師が呼び出されているので看護師が同行しても看護師が撃たれてたかもしれないのでわからないですね・・・。
    ケアマネはいたのかとか経済状況、介護度、医療度とかフォーマルサービスに地域差もある中で訪問診療、訪問看護、訪問介護が入ってたのかとか色んな要因がある中で頑張ってる訪問診療医だけに不満が向けられたのは残念でなりません。ご冥福をお祈り致します。
    キューブラー・ロスによる5段階モデル(死の受容プロセス)とそれへの代表的な批判について
    LYXIS AGING LITERACY

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。教えていただきありがとうございました。在宅医療については知り合いの医師ががんばっている程度しか知りませんでした。訪問先での猟銃で撃たれることは考えてもみませんでした。亡くなられた先生のご冥福をお祈りいたします。

  5. ラズベリー より:

    すみません、訂正、追記です。

    亡くなったその容疑者のお母さんが食事が摂れなくり、訪問診療医らに苦情が1月からあったとネットで見ました。亡くなったお母さんの訪問看護、介護に不満があったようです。苦情が多いご家族の場合、医療従事者は相当大変だったと推察します。医療従事者7人を息子が呼んで訪問した中で、訪問診療医である鈴木先生に最後、責任があるとして撃たれて亡くなったようです。例えば、食事摂れていないから点滴と言っても看護師の判断で点滴は出来ないですし、点滴漏れの可能性も起こり得ます。病院搬送が遅れたとの苦情だとしたらやるせないと感じます。

    寝たきりで要介護5と思われる90代の母親を66歳の息子がみているのもきついのに国が在宅診療を推し進めていますが無理があるのかと感じます。
    2025年以降の医療、看護、介護度が増す時の地域格差について、国や都道府県、自治体が積極的に医療従事者の地方移住推進(助成金を出す)や病院追加開設、施設開設追加、整備もないと地方に後期高齢者と高齢者だけ集中し、医療、介護難民によりフォーマルサービスがない、不均衡問題が更に起こると懸念してます。

    埼玉立てこもり、撃たれた医師が死亡 逮捕の男「訪問看護に怒り」- Yahoo!ニュース
    逮捕の男、母が死亡し医療や介護に不満(共同通信) – Yahoo!ニュース
    ふじみ野市・立てこもり事件 医師ら7人は男に呼ばれ訪問 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ