院長の休日

札幌市形成外科医会2009

 平成21年2月28日(土)
 札幌市形成外科医会(新冨芳尚会長)の
 例会が開催されました。
 この院長日記の一番最初が、
 2006年10月22日(日)でした。
 昨日10月21日(土)札幌市形成外科医会がありました。
 出席者は新冨芳尚会長、武藤靖夫先生、
 有賀昭俊先生、本田耕一先生、松本敏明先生など
 札幌市内形成外科重鎮の諸先生のほか
 札幌市内の形成外科医の大部分が参加いたしました。
 と書いてあります。
      ■         ■
 昨夜はKKR札幌医療センター斗南病院形成外科科長、
 佐々木了(ささきさとる)先生の講演がありました。
 佐々木先生のご専門は、
 血管やリンパ管などの異常が原因となる、
 さまざまな疾患の治療です。
 従来の形成外科手術では治せなかった、
 血管異常による変形を、
 硬化療法(こうかりょうほう)という、
 薬剤を使った治療で見事に治します。
      ■         ■
 佐々木先生のところへは、
 北海道のみならず、
 日本全国から患者さんが治療にいらしています。
 こちらの血管腫・血管奇形の患者会
 協力医師としてもご活躍です。
 また、血管腫・血管奇形研究会
 代表世話人もなさっていらっしゃいます。
 さまざまな血管異常の患者さんを
 どうやって治していくかという治療戦略について、
 詳しく解説してくださいました。
      ■         ■

佐々木 了先生

      ■         ■
 佐々木先生の講演の後で、
 札幌中央形成外科の
 故武藤靖夫先生を偲ぶ会が
 約2時間半にわたってありました。

武藤先生を偲ぶ会

      ■         ■
 札幌スキンケアクリニックの
 松本敏明先生の司会で、
 札幌中央形成外科院長で、
 ご子息の武藤英生先生が、
 スライドを使って、
 お父様である、
 武藤靖夫先生の生い立ちから、
 昔のススキノでの診療風景などを
 ご紹介してくださいました。
      ■         ■
 武藤靖夫先生が
 札幌中央整形をご開業なさったのが、
 昭和35年(1960年)。
 当時、二重まぶた埋没法が5,500円。
 大卒初任給が1万円台だったので、
 現在でいうと10万円程度だったのでしょうか?
 休診日は毎月第三日曜日だけ。
 つまり月に一度しか休まず、
 ススキノの角で
 診療を続けられました。
      ■         ■
 お若い頃の武藤靖夫先生の、
 素敵な写真がたくさんスクリーンに映りました。
 とてもハンサムで
 素敵な先生でした。
 参加者全員が、
 口々に優しい先生だった
 言われていました。
 武藤先生の想い出を、
 参加した先生が一人一人話されました。
      ■         ■
 昨日の参加者。
 浅見謙二先生、大谷地形成外科・美容外科クリニック
 有賀昭俊先生、二十四軒中央クリニック
 飯田和典先生、耳鼻咽喉科、麻生病院
 奥田康二先生、札幌ストレスケアクリニック
 上林淑人先生、宮の森スキンケア診療室
 川嶋邦裕先生、市立札幌病院形成外科
 國分一郎先生、こくぶクリニック皮膚科形成外科
 佐々木 了先生、斗南病院形成外科
 新冨芳尚先生、蘇春堂形成外科
 竹野巨一先生、時計台記念病院
 野平久仁彦先生、蘇春堂形成外科
 松本敏明先生、札幌スキンケアクリニック
 皆川英彦先生、北海道がんセンター形成外科
 武藤英生先生、札幌中央形成外科
 吉田哲憲先生、市立札幌病院

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ