医療問題

救急医の苦悩

 救急医は、
 肉体的にキツイだけではなく、
 精神的な苦悩もあります。
 私が知っている優秀な救急医が、
 救急を辞めてしまったことがありました。
 自分たちは、
 一生懸命治療しているというが…
 ベジ(植物状態の人)をつくって…
 患者さんや家族を苦しめているだけでは…?
 という苦悩です。
      ■         ■
 救急を担当したことがある医師であれば、
 一度は…
 先生、どうして私を助けたの?
 どうして…
 そのまま死なせてくれなかったの?
 と言われた経験がある筈です。
 不慮の事故や病気で…
 救命救急センターへ
 搬送される方だけではありません。
 自ら命を絶って…
 死に切れなくて…
 搬送される方もいらっしゃいます。
      ■         ■
 不慮の事故や病気で…
 心肺停止状態で搬送されてくる方にも、
 救命しても…
 重度の後遺障害が残る人がいます。
 本人はもとより、
 家族にも…
 莫大な医療費と…
 介護負担という…
 経済的にも大変な状況が…
 明らかに見えている人がいます。
      ■         ■
 私を含めて…
 もし万一倒れたら…
 その日から収入は途絶えます。
 私は、
 事業を営んでいますので、
 患者さんや従業員が困ることがないように、
 所得補償保険に入っています。
 この保険金が、
 税務調査で指摘され、
 数百万円の税金を、
 払ったこともとありました。
 それでも働いているより収入は減ります。
      ■         ■
 救命救急センターでかかる医療費は、
 私たちの想像をはるかに超えた額になります。
 重症熱傷(じゅうしょうのやけど)では、
 一ヵ月に1,000万円を超えることもあります。
 他にも高額となる治療はたくさんあります。
 救命救急センターには、
 長い間、入院していることはできません。
 一定期間が過ぎて落ち着いたら…
 今より治療が低下することがわかっていても…
 他の病院へ転院させなくてはなりません。
      ■         ■
 美容外科医にも、
 さまざまな苦労があります。
 苦悩もあります。
 でも…
 救急医の苦悩に比べると…
 次元が違うように思います。
 美容外科医にとっては…
 二重の幅が左右で違う…
 とかでも悩みになります。
      ■         ■
 北大形成外科の同門である、
 札幌中央形成外科の武藤英生先生が、
 ご自身のブログ
 医者は何のためにあるんだを書かれていました。
 武藤英生先生は、
 故武藤靖雄先生のご子息で、
 札幌中央形成外科の理事長です。
 とても真面目で優しい先生です。
 私は、武藤先生のブログを楽しみに読んでいます。
 今回のブログは、とても興味深い内容なので、
 医学を志す人に、
 是非読んでいただきたいと思いました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ