院長の休日

気をつけていること①

 私の健康法という日記を、
 2006年11月6日に書きました。
 医師という職業は仕事が不規則で
 自分の健康管理が難しいのが特徴です。
 医者の不養生とはよく言ったものです。
 大学病院に勤務していた時に
 健康診断で中性脂肪とコレステロールが
 正常値をはるかに超えていました。
      ■         ■
 内科の友人に相談したところ
 運動をすれば良いと教えてくれましたが
 朝7:00に出勤し夜10:00に帰宅する生活では
 スポーツクラブへ行く時間などありません。
 大学病院の中で運動する方法など
 なかなかありません。
 困っていたところ
 整形外科の石井教授が
 階段で医局まで歩いて上がられるのを目にしました。
      ■         ■
 私の医局は最上階の13階でしたので
 階段で上がることは
 考えてもみなかったのですが挑戦しました。
 最初は5階、
 その後8階、
 10階と
 少しずつ休まずに上がれるようになりました。
      ■         ■
 48歳で退職する頃には
 13階までスタスタと上がれるようになり
 検査値も正常になりました。
 札幌美容形成外科が入っているビルは
 6階までしかないのですが
 朝は屋上まで階段で上がっています。
 通勤でもなるべくエスカレーターは使わずに歩いています。
 階段男という、
 2008年5月4日の院長日記にも書いています。
 伊東四朗さんも階段の愛用者です。
      ■         ■
 私が医学生だった30年前、
 医者は…
 産婦人科以外は…
 自分の科の病気で死ぬと言われていました。
 白血病の研究者は白血病で。
 心臓の専門家は心臓病で。
 今は…
 必ずしも当てはまらないと思います。
 でも医者は短命なようです。
      ■         ■
 この一年の間に、
 私が知っている先生が何人か亡くなりました。
 現役の医学部教授でした。
 自分の健康は、
 なかなか自分で管理できません。
 苦しんで死なないように、
 日常生活でできることから、
 すこしずつ気をつけています。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ