医学講座

父親が転院しました

 尻餅をついて、
 左大腿骨頚部骨折を受傷した89歳の父親が、
 昨日リハビリテェーションの病院に転院しました。
 最初の病院では手術を断られてしまい、
 このまま一生寝たきりか?と心配していました。
 2016年1月13日に手術をしていただきました
 高齢で腎機能が悪くリスクが高い患者です。
 私なら引き受けたくないです。
      ■         ■
 手術は成功しました。
 麻酔からの覚醒も早く、
 手術直後から痛みが無くなりました。
 ちょっとの体動でも痛がっていたのに、
 手術で痛みが無くなりました。
 術前からリハビリがはじまり、
 術後も翌日からリハビリをしていただきました。
      ■         ■
 夜間に騒ぐという想定外のトラブルもありました。
 病棟の看護師さんにはほんとうにご迷惑をおかけしました。
 申し訳ございませんでした。
 私もできるだけ病院に行きました
 この10年間で、
 一番親父の顔を見た3週間でした。
 爪切り
 食事介助
 髭剃りをしました。
      ■         ■
 昨日転院させていただいた病院は、
 なんと昔、親父が働いていた場所にある病院です。
 私が小学校2年生まで住んでいた手稲金山です
 今は名前も違っていますが、
 病院から見える山や川は同じです。
 親父に、
 じいちゃん手稲療養所だよと言うと、
 あぁ、
 あそこに3病棟があった
と答えました。
      ■         ■
 私が子どもの頃は、
 石炭を使ったボイラーでした。
 ボイラー技師の方が、
 24時間石炭を燃やして、
 手稲療養所の、
 暖房と給湯に使っていました。
 ボイラー技師の方の名前も覚えていました。
 リハビリも毎日3回も行ってくださるそうです。
 なつかしい病院でリハビリをしていただき、
 早く退院できるといいです。
 高齢の親父を手術していただき感謝しています。
20160129

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ