昔の記憶

本間くんだった頃

 すみれさんからコメントをいただくようになり、
 昔のことをなつかしく思い出しています。
 私は夕張市の山奥、大夕張から
 15歳の時に札幌に来ました。
 私が生まれたのは昭和29年(1954年)です。
 洞爺丸台風が来た年
 市立札幌病院で生まれました
 62年前です。
      ■         ■
 小学校2年生までは、
 札幌郡手稲町字金山栄町に住んでいました
 父親が手稲療養所という、
 三菱鉱業の結核療養所に勤めていました
 父親は、
 満90歳で、
 今年3月29日に自分が昔勤めていた場所で亡くなりました
 イムス札幌内科リハビリテーション病院という病院になっています。
      ■         ■
 小学校3年生から中学校1年生の5月まで、
 美唄市茶志内(びばいしちゃしない)に住みました
 茶志内炭鉱(ちゃしないたんこう)という炭鉱の町でした。
 茶志内炭鉱が閉山したため、
 中学校1年生の5月に、
 大夕張に引越して
 鹿島中学校に転校しました
      ■         ■
 高校から札幌に出ました。
 夕張の高校から大学に入るのは大変という親の考えでした
 私もそう思っていました。
 62歳になって振り返ってみると、
 地元に残って夕張東高校に入学した同期生が、
 北大に現役合格しました。
 札幌医大に入学してお医者さんになった人もいます。
 人生はわからないものです。
      ■         ■
 札幌に出てきたけんいち少年は、
 勉強ができなくて苦労しました
 英語が赤点でした
 医学部なんて絶対に合格できない成績でした
 私が医師になれたのは、
 予備校で教えてくださった
 矢野雋輔やのしゅんすけ先生のおかげです
 今でも感謝しています。
      ■         ■
 よく風邪をひいて、
 大きなマスクをして、
 青白い顔をしていました。
 保健室にもよくお世話になりました
 美容形成外科の医者になるなんて、、、
 夢にも考えていませんでした。
 人生とは不思議なものです。
      ■         ■
 すみれさんから同期のことを教えてもらいました。
 東京に行かれた女子が、
 その後どうしていらっしゃるのか?
 私はまったく知りません。
 北海道にいる方でもわかりません。
 本間くんだった頃は
 62歳になってみるととてもなつかしいです。
 11月23日にクラス会をします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ