医学講座

辞書に出ていない医者用語

 医者の世界には、
 独特の隠語があります。
 日常診療で知っていると、
 ちょっと役に立ちます。
 多くは和製独語です。
 ドイツ語の論文や教科書を読むことはまずありません。
 でもドイツ語由来の単語はよく出てきます。
      ■         ■
 こちらの千葉大学大学院臓器制御外科学教室の辞書が便利です。
 外科研修医に贈る辞書に出ていない外科用語集です
 誰でも知っているのが、
 カルテです。
 診療録、診療情報、医療情報
 Karte [独]

 クランケ
 患者
 Kranke[独]

 …も聞いたことがあるでしょうか?
      ■         ■
 研修医の間によく使う言葉に、
 オーベン
 上級医、指導医
 Obenarzt[独]
 oben[独]「上に」という意味

 ネーベン
 下級医
 Nebenarzt[独]
 neben[独]「そばにいる」という意味

 …という言葉があります。
 オーベンにはお世話になりました。
      ■         ■
 昔は教授外来について、
 患者さんとのやり取りをカルテに書きました。
 このカルテに書く人を、
 ベシュライバー
 患者と診察医のやりとりを記録する人、仕事
 Beschreiber[独]
と呼びます。
      ■         ■
 大浦武彦教授が患者さんに説明するのを必死で聞いて、
 それをカルテに書きました。
 そうして説明の仕方を覚えました。
 今は電子カルテの時代ですが、
 オーベン
 上級医
の教えは大切です。
 誰に習ったかというのがとても大切です
 …というお言葉の通りです。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ