医学講座

スキンバンクへの思い

 昨日の院長日記、
 スキンバンクに興味を持っていただきありがとうございます。
 私自身には、
 スキンバンクへの思いがあります。
 痛恨の思いは、
 スキンバンクの大切な皮膚を使わせていただいたのに、
 救命できなかった患者さんです
      ■         ■
 日本熱傷学会では、
 スキンバンク摘出・保存講習会を開催しています。
 私も札幌医大在職中に参加しました。
 熱傷治療に、
 熱い思いのある先生たちが毎年参加しています。
 営利目的ではなく、
 広範囲熱傷の救命率を上げるためです。
      ■         ■
 私はうちの奥さんから、
 あなたは変わっているから、、、
 …とよく言われます。
 自分でも認めます。
 私は変わっています。
 変人です。
 自分の葬儀にもこだわりがあります
 けちな男なので
 死んでもただ灰になるだけは望みません。
      ■         ■
 もし私が亡くなったら、
 うちの奥さんか、
 私の子どもが、
 おそらく、
 日本臓器移植ネットワークへ連絡することになると思います。
 私は札幌市内の病院に搬送され、
 手術室で黙祷をしていただき、
 私の皮膚や臓器を提供します。
 私らしい人生の最後だと思っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ