二重・眼瞼下垂

眼瞼痙攣の診断と治療2019

 今日は2019年11月16日(土)です。
 昨夜、仙台から帰ってきました。
 札幌は真冬のような雪景色になっていました。
 とても寒いです。
 自転車通勤は無理です。
 これから長い冬がやってきます。
      ■         ■
 第28回日本形成外科学会基礎学術集会仙台で、
 私が一番勉強になったことです。
 シンポジウム3
 司会:垣淵正男(兵庫医科大学形成外科)
  野平久仁彦(医療法人社団蘇春堂形成外科)
 ミュラー筋の真実-2.眼瞼下垂・痙撃・失行
 SY3-1 臨床神経学から診る眼瞼痙撃と開瞼失行
 榊原白鳳病院脳神経内科 目崎高広
 SY3-2 眼瞼痙攣・開瞼失行の病態
 松尾形成外科・眼瞼クリニック/信州大学医学部形成再建外科学教室/浜松医科大学附属病院形成外科 松尾 清
 SY3-3 眼瞼痙攣患者における下眼瞼ミュラー筋-組織化学的検討-
 信州大学医学部形成再建外科 杠 俊介
 SY3-4 眼瞼痙攣に対するADM手術54例の検討
 蘇春堂形成外科 野平久仁彦
 SY3-5 私の行ってきた眼瞼下垂症手術と眼瞼痙攣・開瞼失行への対応
 日本医科大学武蔵小杉病院眼科眼形成外科 村上正洋
 SY3-6 経結膜的挙筋腱膜前転術は眼瞼痙攣を惹起するのか?
 ~個人的経験からの見解~
 琉球大学大学院医学研究科形成外科学講座 清水雄介
 SY3- コメンテーター
 京都府立医科大学眼科 渡辺彰英

      ■         ■
 眼瞼痙攣がんけんけいれんは難しい病気です。
 眼瞼痙攣の手術2017
 眼瞼痙攣の診断と治療2016
 診断が難しい眼瞼痙攣
 眼瞼痙攣の治療2014
      ■         ■
 私が眼瞼痙攣に興味を持ったのは、
 2014年の第23回日本形成外科学会基礎学術集会(松本)でした。
 信州大学形成外科の、
 松尾清先生が研究をなさっていらっしゃいました。
 私の目を眼瞼下垂と診断してくださったのが
 松尾清教授でした。
 眼瞼痙攣がある方は眼瞼下垂症手術をしても、
 希望通りの目にならないことがあります。
      ■         ■
 今回のシンポジウムで私が一番勉強になったのは、
 榊原白鳳病院脳神経内科 目崎高広先生のお言葉です。
 眼瞼痙攣の診断で一番確実なのは、
 開瞼できないために
 (目が開かないために)
 物にぶつかることがある

 …ということでした。
 単に日中にまぶしい羞明という症状や、
 まぶたが痙攣しているだけでは、
 眼瞼痙攣の確定診断にはならないということでした。
 眼瞼痙攣の診断も治療も難しいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ