医学講座

眼瞼下垂症講座⑫【コンタクト】

眼瞼下垂症講座⑫は
コンタクトレンズと眼瞼下垂症についてです。
2007年5月4日に…
眼瞼下垂症とコンタクト
という日記があります。
コンタクトを使うと…
すぐに眼瞼下垂症になるのではありません。
何十年も使うと…
眼瞼下垂症になる人がいます。
ならない人もいます。
      ■         ■
圧倒的に多いのが…
ハードコンタクトレンズを…
20~30年も使った方です。
20歳頃から使い出したとして…
ちょうど私と同年代か…
もう少し若い方にもいらっしゃいます。
20歳台で…
コンタクトで眼瞼下垂になるのはマレですが…
30歳台で治療した方は
何人もいらっしゃいます。
      ■         ■
コンタクトで下垂になる…
患者さんの目には…
特徴があります。
目が大きくて…
美しい
美人に多い傾向があります。
もう少し医学的に言うと…
目が大きくて…
眼球が少し突出していて…
瞼が薄い方です。
      ■         ■
目が大きくて少し出ていると…
それだけコンタクトで…
まぶたが圧迫されます。
どんなに丈夫な瞼(まぶた)でも、
何十年もコンタクトで圧迫されると…
すり切れます。
それがコンタクトによる眼瞼下垂症です。
目が大きくて…
美人
コンタクトによる…
下垂になりやすいというのは…
本間説です。
エビデンスはありません。
私の経験による印象だけです。
      ■         ■
コンタクトを処方していただく時。
コンタクトを買うとき。
何十年も使い続けると…
まぶたが開かなくなりますょ~
とは言われません。
まさか…?
どうして…?
最近、三重になった…
眉の下が窪んだ…
こんな症状で受診される方が…
多数いらっしゃいます。
      ■         ■
私は、
眼科の先生に、
コンタクト以外で矯正視力を維持する方法を伺い、
眼科的な異常がないことを確かめてから、
手術を検討するようにしています。
コンタクトを使い続けると…
また下垂になることも考えられます。
レーシックは、
眼科医によって考え方が違うようです。
私は慎重な立場です。


厚いハードコンタクトは まぶたの負担になります

“眼瞼下垂症講座⑫【コンタクト】”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    私も20歳の頃 ハードコンタクトを買いましたが、私はすぐに充血する目なので痛くてほとんど使ったことがないまま眼鏡をかけています。使っていたとしても美人の目ではないので眼瞼下垂は心配なかったでしょう(笑) 次男は 家にいる時は眼鏡ですが、コンタクトをしたまま寝たりで角膜に傷が付いて治療してからは 使い捨てのコンタクトを使っているようです。でも 高くつくのでレーシックにも興味があるみたいです。
    コンタクトでも眼瞼下垂になる事がわかったたので気をつけて使用したいものですね。

  2. ユキ より:

    私はコンタクトレンズを約20年使い続けています。

    強い遠視なのでレンズの中央部分は厚いです。

    眼科の先生は「眼鏡が1番安全!」といつもおっしゃっていますし、確かに眼科のスタッフの方は眼鏡をかけている方が多いです。

    コンタクトレンズは慣れると快適でついつい夜、とるのが億劫になる事もあります。それにコンタクトレンズは眼鏡より視力も出てよく見えるのです。

     でも上のイラストを見て「ドキ!」っとしました。まるで自分の事を言われているようだからです(笑) 眼鏡ともっと仲良くなり、今までどおり定期的に眼科に通い、目を大切にしなければいけないと思いました。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ