昔の記憶

【訃報】荻野利彦先生

 私が尊敬する荻野利彦先生がご逝去されました。
 信じられない思いです。
 残念で、残念で、言葉もありません。
 心からご冥福をお祈りいたします。
 昨日、知人の先生からメールで知らせていただきました。
 急いで調べたところ、
 山形大学整形外科ホームページに次の文がありました。
      ■         ■
 荻野利彦先生が2015年5月22日、ご逝去されました
 謹んでお悔やみ申し上げます。
 荻野利彦先生は平成8年9月から平成23年3月まで山形大学整形外科第2代教授を務められておりました。手の外科の分野では世界をリードされ、特に先天異常の診療に大きな貢献をなされ、世界中の手外科医が荻野先生に相談し、その助言のもとに診療を行われておりました。また、温厚で親しみやすい性格から出会った全ての人に安心感と信頼感を与えて下さる先生であり、「明るく楽しい整形外科」をわれわれ教室員のみならず、日本、世界中の後進に優しく、丁寧にご教授くださいました。
 68歳というあまりにも早く、突然の訃報に驚きと悲しみしかありませんが、これまでの荻野先生のご功績に敬意を表し、山形大学整形外科のますますの発展に邁進して参りたいと思います。
 心よりご冥福をお祈りいたします。
 山形大学整形外科教室員一同

 (山形大学整形外科HPより引用)
      ■         ■
 山形県西置賜郡白鷹町の
 医療法人聰明会 理事長
 齋藤 聰先生の追悼のお言葉です
 荻野利彦先生への哀悼の辞
 本日、恩師の一人でもあり、私が尊敬してやまない荻野利彦先生(第2代山形大学医学部整形外科講座教授)の訃報に接しました。
 昨年11月山形県医師会の健康スポーツ医研修会に講師として来ていただいた時が、私が先生とお会いした最後になりました。その時、「今度、先生を慕っている山形の仲間を誘って飲み会しますのでよろしく。」と言ったのが、今となってはとてもむなしく感じます。
 荻野先生は、平成8年9月に山形大学医学部整形外科学講座第2代教授として山形大学に札幌医大より着任なさいました。まじめで正義感が強く、かつ気さくで誰とでも分け隔てなく付き合ってくれる方でした。 私は、当時山形県上山市にある蔵王みゆき病院(現在のみゆき会病院)に赴任しておりましたが、主に手の外科を専門としていたので、大学で毎週行われていた手の外科ミーティングに参加させていただき、先生にたくさんご指導を受けました。また、当時私は山形大学医学部柔道部OB会会長をしており、それまで医学部柔道部の顧問をしていただいた仙道富士郎先生が、平成13年に山形大学学長に就任なされて医学部柔道部の顧問を退任されたのを機に、荻野先生に医学部柔道部の顧問に就任していただきました。前任者の仙道先生もそうでしたが、荻野先生も医学部柔道部の会があると必ず出席してくれました。そして、2次会はご自分の自宅(官舎にお住まいだったので大勢の人間が入るのには狭すぎましたが)にOB、OG、学生を招いていただき、奥様が作ってくださったとてもおいしい手料理を酒の肴として腹いっぱいごちそうになりました。本当に、先生、奥様とも、とても素晴らしい方々でした。
 約10年位前には札幌にある荻野先生の大きくて立派な家に泊めていただき、翌日に札幌にやってきた私の妻と長男も含めて奥様の車に乗せていただき、荻野先生御夫妻の案内で北海道見学をさせていただきました。その前の日には、荻野先生と知り合って初めて荻野先生執刀の手術の助手に入らせていただきました。先生のご性格通りのまじめで確実な手術の仕方でした。
 荻野先生は日本のみならず、世界の手の外科学会では高名な先生であり、山形大学在職中は多くの教室員を海外留学させました。山形大学医学部整形外科の留学生たちは、海外でOgino’s studentsと呼ばれ、歓迎され大事にされたそうです。留学した教室員達はそのあまりの待遇の良さに、外国の学会でお互いに会うと「どうしたら日本に帰らなくてすむだろう。」と相談しあったと聞いています。私が約30年近く前にアメリカ合衆国に留学した時には、何の歓迎もされず、放っておかれました。とても苦労した思い出ばかりだったので、その話を聞いた当時は、山形大学医学部整形外科の教室員達は何と幸せなんだろうと羨ましくさえ思いました。それもひとえに荻野先生の力によるものです。
 また、荻野先生は、多くの学会も主催され、外国からの留学生も数多く受け入れて、とても活気のある教室を作っておられました。ほかの講座の教授達からも羨ましがられていたと思います。それも将来の災いの種にもなったのかもしれません。
 先生の正義感の強さを一番あらわしていたのが、仙道学長2期目の学長選挙の時だったと思います。振り返ってみるとそれが、先生を不運が襲うきっかけになってしまいました。この時、仙道先生は2期目となる学長選挙に立候補していたのですが、当時の医学部長が突然、医学部は工学部の立候補者を応援すると言い出し、強力な票の取りまとめを開始しました。荻野先生は「何の落ち度もない医学部から出した学長の応援をしないのは筋が通らない。」と、医学部の中で整形外科のみが学長に投票したのでした。それによってかろうじて仙道先生の2期目の学長が決定しました。
 平成19年の事でした。皮膚科に入院している患者が形成外科医に手術されて障害を残した事について、当時その形成外科医が所属していた整形外科の教授である荻野先生が隠蔽工作に走ったとの事で、責任を取らされ付属病院整形外科科長を解任され山形大学付属病院での診療ができなくなりました。荻野先生が医療ミスを知ったのは、手術が行われて一ヶ月以上経ってからで、自分の科の患者さんではないので、知りようがなかったはずです。医療事故で、責任を取るのは、その患者さんを預かっている科の教授、主治医、執刀医、そして、病院長、医学部長であり、執刀医が所属する科の教授ではないはず。いわば、直接関係のない科の教授を叱責して、責任を取るべき者達は何のお咎めもないという、きわめて異常な事が起こったのです。責任を取るべきは、医学部長、病院長であり、荻野先生ではありませんでした。いわば、トカゲのしっぽ切りをされたのです。これは、私に言わせれば学長選挙の時の恨みによるものとしか考えられませんでした。
 荻野先生はパワハラとして果敢に裁判に訴えて戦いました。私も何度か裁判の傍聴に行きました。しかし、結果として荻野先生の主張は通りませんでした。そして、失意のうちに平成21年3月31日で山形大学医学部を退職されました。この時から私も出身大学に対する愛着心を失いました。
 荻野先生に柔道部の顧問になってもらうのではなかった。今でも後悔しています。荻野先生は、私が医者になってから出会った医者の中でも最も尊敬すべき人の一人です。権力にしがみつき、自分の居場所を作るために人に無理な寄付を押し付けたり、いつまでも院長の椅子にしがみついているようなくだらない人間とは比べようもない、素晴らしい人でした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

医療法人社団聰明会みゆき整形外科クリニックのブログから引用

      ■         ■
 私と同じ思いの先生が山形にいらして、
 私以上に悲しんでいらっしゃいます。
 世界中の手の外科の医師が悲しんでいます。
 さくらんぼさんにもお知らせしました。
 とても驚いていらっしゃいました。
 荻野先生は診療中に倒れられたようです。
 心からご冥福をお祈りいたします。
dr_ogino

“【訃報】荻野利彦先生”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    昨日 本間先生からお電話で訃報をお知らせいただき、ただただびっくりするとともに 山形での事件がご心労になられたのでは。。山形に来なければ。。などと思い 落胆しきっています。 聡明会の斎藤聡先生は白鷹町みゆき会病院を一人で切り盛りされていて私の母もキーンベック氏病で手術していただき今も通院しております。また主人の母もその向かいにある老人ホームみゆきの園に入所しております。先月は23日に母を連れて行き診察していただきましたが、先生の様子がおかしかったと母が言ってました。
    武井寛先生に一番早く見てくださいといわれたHPが斎藤聡先生の山形大学病院を非難した内容の物でした。
    荻野利彦先生は私と本間先生を知り合いにさせてくださった方です。山形大学病院では教授回診の時しかお会いしたことはなかったのですが、どの方が教授なのかわからないほど気さくな先生でした。
    本間先生があの事件で札幌での学会にいらした荻野利彦先生を捜してくださったことをお手紙で書きましたら お返事をいただきました。捜してくれたことはあとで知ったと。
    私も何回か裁判を傍聴しました。 ニコニコした荻野利彦先生の顔しか思い出せません。 札幌に帰られて、本間先生が荻野利彦先生の患者になり50肩を治していただいたと喜んでいらしたのに、、
    まだ安らかにお眠りくださいとは言えません。
    武井寛先生!先生が山形大学病院の事件を教えてくださったのならFBにも荻野利彦先生の訃報を書いてください。

  2. なっちゅん より:

    素晴らしい方だったんですね。
    温和だっただけではなく、裁判にも取り組んでくださる。
    そのような先生は余りいないでしょう。
    惜しい人が天に召されましたね。
    余りにも早すぎます。
    本間先生もさくらんぼさんも大変ショックを受けているのではないでしょうか。
    面識のない私でさえ涙ぐみました。
    手の手術とはどのような事を意味しますか?
    すみません、わからなくて。
    心よりお悔やみ申し上げます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。生まれつきの手の病気には、指が6本あるとか、逆に4本しかないとか、5本あるけどそのうち2本がくっついてしまっているとかの病気があります。多指症(たししょう)とか合指症(ごうししょう)とか言います。
    難しいのが、欠指症(けっししょう)など、そもそも指がない赤ちゃんです。荻野先生は世界中の手の外科医から相談され、適切に答えを出していらっしゃいました。海外で有名な日本人医師の一人です。

  3. 少しだけ関係者 より:

    残念です。
    医学部の闇は今も変わりません。

  4. 元患者です より:

    20年ほど前に荻野先生に手の手術をしてもらいました。物心つくかつかないかの頃でしたが、とてもやさしい先生だったことは覚えています。どうしていらっしゃるかなと思い、何気なく検索してみたら、こちらの記事を見つけました。
    とても驚きました…先生のおかげでほとんど不自由なく生活出来ているので、感謝してもしきれません。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私もいまだに信じられない思いです。優しくて丁寧でいい先生でした。ご不自由なく生活ができているのはとてもうれしいことです。荻野先生もきっと喜んでいらっしゃいます。

  5. 元患者です。 より:

    私も20年前に手術をしていただいた者です。
    母がこの記事を見つけ私に教えてくれました。驚きました。当時は、手術に全然物怖じせずに先生から坂本龍馬みたいな赤ちゃんやと言われてたみたいです。
    現在、大切な人からよく手を隠しながら生活してるよねと言われてます。自分では無意識です。でも、今後は先生の元患者として誇りをもって何も隠さず生活していこうと思います。
    ご冥福をお祈りいたします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。荻野利彦先生がお亡くなりになったのが2015年5月22日でした。今年で4年になります。今でも信じられない思いです。元患者さんがお元気でご活躍されていることは先生にとって一番うれしいことです。ますますのご活躍をお祈りしています。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ