医療問題

医療事故を防ぐには①

 誰でも、医療事故にはあいたくありません。
 医療者側も…
 医療事故を起こしたくはありません。
 以前にも書いたことがあります
 医療は車の運転と同じです。
 条件が悪い道路を走ると
 必ず事故に遭う危険性が伴います。
 悪路で、視界が悪い山道でも、
 必要に迫られて走る必要はあります。
      ■         ■
 どんなに慎重に運転しても、
 がけ崩れや…
 橋の崩落にあってはたまりません。
 そういう‘医療’もあります。
 自動車事故にには、
 自賠責という強制保険があります。
 残念なことに医療事故には、
 任意保険しかありません。
      ■         ■
 医療事故が社会問題になって、
 国も積極的に政策を練っています。
 リスクマネージャーとか
 サブリスクマネージャーとか、
 インシデントレポートなど、
 横文字の単語ばかりが目立ちます。
 いくらリスクマネージャーをつくっても、
 インシデントレポートを書いても、
 事故は減りません。
      ■         ■
 医療事故を防ぐ一番のポイントは、
 教育
 訓練だと思います。
 今の医学教育では、
 医師になるにも、
 看護師になるにも、
 ペーパーテストに合格すればOKです。
 国家試験前には、
 徹夜で勉強しています。
      ■         ■
 晴れて…
 医師免許証を手にしても…
 看護師免許証を手にしても…
 何もできないところからスタートします。
 旧帝大とか有名私大とか、
 大学の難易度とは関係ありません。
 無名の私大の方が…
 よい医学教育をしていることもあります。
      ■         ■
 医師が医療事故を起こさないためには、
 良き師について、
 たくさん失敗を重ねることです。
 他人の失敗をたくさん見ることです。
 誰でも医療事故を起こすリスクはあります。
 大切なのは、
 事故が起こりそうになった時に、
 横に座っていて、
 補助ブレーキを踏んでくれる、
 教官につくことです。
      ■         ■
 医師免許取得時は、
 自動車でいうと、
 仮免許運転中と同じです。
 良き師匠について、
 運転が上手になるまでは、
 しっかりと教育してもらう必要があります。
 私は、
 北大形成外科という素晴らしい教習所で、
 大浦武彦先生という、
 素晴らしい師匠=教官についていただき、
 事故を起こさずに運転ができるようになりました。
 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ