医学講座

子どもが目を強打した時

 平成27年3月14日に北大で開催された、
 第26回日本眼瞼義眼床手術学会
 私が一番勉強になったのがこの手術手技フォーラムでした。
 第一回眼窩手術手技フォーラム:
 「小児のブローアウト骨折
 小児のブローアウト骨折の特徴と手術加療の目標
 【座長】
 京都府立医科大学 眼科
 渡辺彰英 先生
 機能と解剖から考える小児の眼窩骨折
 群馬大学 眼科
 鹿嶋友敬 先生
 成人例との比較
 兵庫医科大学 形成外科
 藤原敏宏 先生
 治療の実際
 北海道大学 形成外科
 小山明彦 先生

      ■         ■
 ブローアウト骨折とは聞き慣れない言葉です。
 人間の頭蓋骨を思い出してください。
 ドクロ髑髏とか
 しゃれこうべとか
 されこうべ晒され頭とか
 あのがいこつです。
      ■         ■
 眼球が入る部分を、
 眼窩がんかと呼びます。
 頭蓋骨はとても硬い骨ですが、
 目が入る部分だけ、
 とても薄い構造になっています。
 卵の殻を少し厚くした程度です。
      ■         ■
 私は形成外科で手術をする時に、
 この卵の殻のように薄い構造は、
 車の衝撃吸収バンバーだと説明していました。
 つまり、
 目という大切な器官を守るために、
 強い外力が加わった時に、 
 卵の殻が壊れて、
 眼球を保護する役割を持っています。
      ■         ■
 子どもさんが目を強打したとします。
 体育で、
 自分の膝がぶつかることもあります。
 他人の頭が目に当たることもあります。
 そうすると、
 目に強い力がかかります
      ■         ■
 最悪なのは眼球破裂です。
 眼球が破裂しないように、
 目の入れ物である、
 眼窩の床が破れて、
 眼球内容が下に落ちるようになっています。
 これを、
 眼窩床骨折がんかしょうこっせつと呼びます。
 ブローアウト骨折と言います。
      ■         ■
 眼窩の下と内側が弱く、
 骨折しやすいです。
 私が形成外科をやっていた頃は、
 診断も単純レントゲン写真だけでした。
 CTスキャンの精度も今ほど高くありませんでした。
 今は画像診断がとても進歩しました。
      ■         ■
 新しい知見として、
 小児のブローアウト骨折で、
 下直筋という筋肉が骨に挟まっている時は、
 24時間以内に緊急手術が必要だと、
 土曜日の手術手技フォーラムで知りました。
 下直筋という、 
 目を下向きにする筋肉が、
 骨に挟まって、
 壊死になってしまうそうです。
      ■         ■
 小児の骨は、
 大人と違って若い竹のようにしなります。
 簡単に卵の殻が割れないのです。
 ですから、
 ひびが入った骨に、
 筋肉が挟まってしまい、
 下直筋が壊死になります。
      ■         ■
 救命救急の先生や、
 小児科の先生でも知らない人いるそうです。
 私も不勉強で知りませんでした。
 子どもさんが目を強打して、
 目が腫れて、
 動きが悪ければ、
 CTスキャンで精査して緊急手術です。
 学会に出て勉強になりました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ