医学講座

主任部長の苦悩

 昨日の院長日記に、
 JA帯広厚生病院時代に、
 毎年売上目標があったと書きました。
 JAの病院だけではなく、
 国公立や民間の病院にも、
 売上目標ばあると思います。
      ■         ■
 どの病院でも、
 毎年予算を組みます。
 金融機関から借入をして、
 大きな建物を建てて、
 立派な設備を整えるには、
 お金が必要です。
 お金を借りる時には、
 必ず事業計画書を提出します。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科JAの病院が違うのは、
 たとえ売上目標が達成できなくても、
 お給料が減らないのが、
 JAの病院や国公立病院です。
 高いお給料をもらっている先生が、
 さっぱり働かなくて売上が大きく減ると、
 さすがに病院でも問題になりますが、
 基本的には俸給表という給与体系で医師の給与が決まります。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科の給料は、
 クリニックごとに違うシステムです。
 儲けや売上によって、
 医師の給料が変わるのはどこでも同じです。
 以前は年収数千万円の給与を提示していた、
 有名な美容外科もありました。
 売上が減ると、
 先生や看護師への給料が払えなくなります。
 倒産した美容外科もたくさんあります
      ■         ■
 JA帯広厚生病院の形成外科主任部長、
 すごいと思いませんか?
 北海道の十勝地方で、
 一番大きな病院です。
 私は40歳から43歳まで勤務しました
 正直に言うと、
 毎年の売上目標達成は大変でした
      ■         ■
 当時のJA帯広厚生病院形成外科には、
 3人の形成外科医が勤務していました。
 私を含めて北大形成外科から派遣された形成外科医です。
 私は学位記をいただいて、
 北大の大浦武彦教授から、
 JA帯広厚生病院の固定医として勤務していました。
 固定医とか固定というのは、
 医者の業界用語です。
 自分で退職の意思を表示しない限りは、
 JA帯広厚生病院に永久就職するという意味です。
      ■         ■
 私以外の2人の医師は、
 北大形成外科医局からの派遣です。
 人材派遣会社からの派遣とは違います
 北大形成外科から、
 JA帯広厚生病院に行きなさいと言われて、
 北大から期限付きで赴任した先生のことです
      ■         ■
 派遣された医師の人事権は、
 北大形成外科の医局にあります。
 JA帯広厚生病院の院長が、
 この先生にはぜひ長く帯広にいてほしいと思っても、
 主任部長が最低3年はいてほしいと思っても、
 ある日突然、大学の都合で人事異動になることがあります。
 これが形成外科主任部長の一番の苦悩でした。
      ■         ■
 全国どこの病院でも同じだと思います。
 自分が持っている知識とか技術を、
 下の先生に伝承するのが私たち上級医の仕事です。
 自分以外の2人の先生が優秀だと、
 病院から提示された売上目標も楽にクリアーできます。
 ところが、
 3人だった常勤医が大学の人事で、
 ある日突然2人になることもあります。
      ■         ■
 医師3人でやっていたことを、
 2人でこなすのはかなり大変なことです。
 形成外科専門医が3人なのと、
 形成外科専門医1人と研修医2人では、
 できる手術に大きな違いがあります。
 大学から派遣される医師によって、
 仕事内容も売上も大きく違ってきます。
      ■         ■
 私がJA帯広厚生病院形成外科主任部長だったのは、
 今から20年前です。
 今は大学医局を選ぶ医学部卒業生が減りました
 大学も派遣する医師が少なくて困っています。
 常勤医3人だった形成外科が、
 ある日突然、部長職が一人になることもあります。
 売上目標達成どころか、
 毎日の患者さんの診療にも支障をきたします。
 私の形成外科主任部長時代の一番の苦悩は、
 下の先生が一年毎に変わることでした。
 40歳を過ぎていろいろ考えて、
 私は開業医の道を選びました

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ