医療問題

リハビリへの予算配分2016

 昨日の院長日記、
 医療行政に翻弄される病院2016に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 早く出ろと言われても
 まだリハビリすればよくなる可能性がありました

 その通りだと思います。
      ■         ■
 さくらんぼさんの、
 本間先生はどのようにしたら今の現状を変えられると思いますか?
 …というご質問に、
 残念ながら名案はありません。
 国のシステムも複雑で、
 老人医療の専門家でもない私には、
 よく理解できていません。
      ■         ■
 医療従事者の一人として感じることは、
 私の五十肩の経験から
 リハビリで治る病気がたくさんあるのに、
 リハビリの医療保険の点数が低いことが問題だと思います。
 現在の医療保険制度では、
 理学療法士や作業療法士には、
 自分で開業して、
 社会保険へ請求する権利が認められていません。
      ■         ■
 整骨院・接骨院(柔道整復師)には認められているのに、
 国家試験に合格した、
 理学療法士や作業療法士に認められないのは、
 私は変だと思います
 私の五十肩はリハビリでよくなりました。
 定期的に医師の診察がありましたが、
 毎回一時間もリハビリをしていただいたのに、
 驚くほど安い料金でした。
      ■         ■
 これじゃ、
 病院の不採算部門だと言われても仕方がないと感じました。
 もっと理学療法士や作業療法士のリハビリに、
 診療報酬が増えるような政策が必要だと思います。
 下のパンフレットは、
 北海道後期高齢者医療広域連合から配布された資料です。
 先日の厚生労働省集団的個別指導でも、
 一部の整骨院・接骨院(柔道整復師)の不適切な請求が取り上げられていました。
 私はリハビリへの予算配分と、 
 理学療法士・作業療法士への配慮が、
 今後の医療政策に必要だと思います。
20160105

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ