二重・眼瞼下垂

眉と睫毛の間の距離

 夏休みは、
 ふだんできないことができる時間です。
 毎日の診療に追われていると、
 ゆっくり考える時間がありません。
 夏休みには、
 ゆっくり考える時間があります。
      ■         ■
 北大形成外科の夏休みには、
 論文を1編くらい書こうと思ったり、
 実験結果をまとめたり、
 次の学会発表のことを考えたり、
 ふだんはできないことを、
 ぼんやりと考えていました。
 考える時間も大切です。
      ■         ■
 私はもうすぐ63歳です。
 何件手術をしても、
 難しいなぁ~
 …と思うのが二重の幅です。
 女の人は、
 毎日、鏡を見て目のお化粧をしています。
 もうちょっと二重の幅があればいいのになぁ~
 …というお悩みはよく理解できます。
      ■         ■
 私は形成外科医です。
 保険診療で眼瞼下垂症手術をする時でも、
 できるだけきれいな目にしようと努力しています。
 70代の女性でも、
 長年の夢だった、
 二重になりたいという、
 ご希望をかなえてあげたいと思います。
      ■         ■
 手術が難しいのが、
 他院で手術を受けた方
 埋没法の糸が何本も入った方
 眉の左右差がある方
 脂肪が多い方
 アレルギーがある方
 皮膚が硬い方
 余剰皮膚が多い方
 …たくさんありすぎて書ききれないほどです。
      ■         ■
 手術が難しい、、、
 二重の幅が狭くなりやすい人に、
 眉と睫毛の間の距離が長い人があります。
 若い人でも、
 寝た状態(仰臥位と言います)で、
 眉を額の方に引っ張って、
 定規で測った長さが35㎜以上ある人が難しいです。
 下のマンガのように眉が上がっているので、
 前髪で眉を隠しています。
      ■         ■
 若い人でも、
 余剰皮膚を切除して、
 眉と睫毛の間の距離を、
 短くすることがあります。
 この調整が難しいです
 手術前にデザインをして決めますが、
 手術中に確認すると、
 眉が下がってラインが隠れることもあります。
 皮膚切除を追加してもう一度確認します。
      ■         ■
 皮膚を過剰切除してしまうと、
 元に戻せなくなります。
 少しずつ少しずつ、
 追加切除量を決めます。
 私が作る目は、
 イメージは自然の目です。
 夏休みに、
 難しかった患者さんのこと思い出して、
 また次の手術に備えています。
kokeshi
micro

“眉と睫毛の間の距離”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    お恥ずかしい話ですが

    眉が下がってラインが隠れる

    という意味が読解力がなく
    わかりませんでした。
    申し訳ありません。

    夏季休暇中にも関わらず
    日記の更新と相談メール
    お疲れ様です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。眉が下がってまぶたも下がり二重のラインが隠れてしまうという意味です。山の中で電波が悪いのか接続が安定しません。相談メールをためてしまうと大変なので休みの日も返信を書いています。

  2. さくらんぼ より:

    私は眉と睫毛の幅が出るように眉毛を剃って描いています。目は一重で腫れぼったく 目の下も腫れぼったく、写真やビデオに写るのは大嫌いです、目が腫れて目だつからです。 夏休みのあるうち本間先生が元気なうち 悩やんでいる方は治しましょう!

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。今日は札幌から車で移動してきました。山は曇りで気温も20℃以下でした。夜は小雨が降っています。ゆっくり温泉に入っていました。さくらんぼさんにお時間ができましたらぜひ札幌までいらしてください。元気なうちに治して差し上げます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ