院長の休日

75歳の手習い

 私の両親、
 父親(83歳)
 母親(81歳)
 がパソコンでメールをしていると、
 昨日の日記に書きました。
 父親は私が中学生の頃、
 三菱砿業㈱三菱大夕張炭鉱に、
 薬剤師として勤務していました。
 会社が坑内の安全管理のために導入した、
 最新鋭のコンピューターで、
 薬剤の在庫管理を始めたのがきっかけで、
 コンピューターに取り組みました。
      ■         ■
 毎日、コンピューターと悪戦苦闘していました。
 今のノートPCより機能が悪いコンピューターが、
 専用の部屋に設置されて、
 エアコンまで完備されていた時代でした。
 大変だ、たいへんだ
 コンピューターはすごい
 これからはコンピューターの時代だ
 ということを、
 40年前に言っていました。
 炭鉱には、
 優れた人材が揃っていました。
 炭鉱会社の専門家から、
 コンピューターを教えていただいたのが父です。
      ■         ■
 濱本淳二先生にお世話になった、
 上原貢様も、
 父にコンピューターとコンピューターで知り合った、
 三菱砿業㈱職員のお一人です。
 NHKの大学講座で法律を勉強した父は、
 独学でコツコツ勉強したのでしょう。
 炭鉱病院で、
 当時としては画期的な、
 薬剤在庫管理システムはじめました。
 退職後も、
 父はノートパソコンを使っていました。
      ■         ■
 母親は、
 ごくふつうの主婦でした。
 家計が苦しかったので、
 森永製菓の工場のパート従業員→
 →不況でリストラ→
 日本団体生命保険の外交員→
 三菱信託銀行の財形貯蓄の外交員→
 北海道不動産鑑定士協会のパート事務員
 と働きました。
 家計が苦しかった原因は、
 私と弟の教育費でした。
      ■         ■
 母親は働いたおかげで、
 たくさんの人脈を築きました。
 最後に働いていた時代には、
 コピーを取るのが仕事でした。
 PCには触ってもいませんでした。
 もちろんワープロも使えませんでした。
 電話とFAXは活用していましたが、
 父親のノートパソコンには、
 見向きもしていませんでした。
      ■         ■
 今から6年前、
 75歳頃だったと記憶しています。
 何を考えたのか…?
 突然、パソコンを触りはじめました。
 もちろんキーボードも、
 スイッチの入れ方も知りませんでした。
 ぽちポチと、
 あ・い・う・え・お
 を入力していました。
      ■         ■
 どうせやるなら、
 ローマ字変換がいいよ、
 という私と父のアドバイスで、
 ローマ字かな変換にしました。
 本人に確認したところ、
 まず忘れていた…
 ローマ字を覚えることから…
 はじめたそうです。
 こうして少しずつ、
 パソコンを覚えて行ったようです。
      ■         ■
 今では、
 メールに写真を添付して送ったり、
 自分の弟たちと、
 メールでやり取りをしたり…
 父親以上にパソコンを活用しています。
 昨日も、
 自分の弟(79歳)からメールで送ってきた、
 写真を見せてくれました。
 私はたまにしか実家へは行かず、
 親にメールもしません。
 息子としては…
 75の手習いで覚えたパソコンで、
 元気でいて欲しいと願っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ