医学講座

雪道で転倒し顔面骨骨折

 今朝のTVで東京の大雪が映っていました。
 銀座の車道に雪がありました。
 大雪のお見舞いを申し上げます。
 雪道はすべるので
 転倒に注意です
 顔の骨を骨折することがあります。
      ■         ■
 私の形成外科専門医10症例、
 顔面骨骨折は雪道で転倒した患者さんです。
 函館中央病院形成外科で手術を担当させていただきました。
 雪道ですべって、
 前のめりに転倒し、
 路面で顔面を強打しました。
 患者さんは、
 まさか骨が折れているとは思わなかったそうです。
      ■         ■
 病名は右頬骨骨折きょうこつこっせつです。
 幸いなことに、
 顔面の皮膚は切れていませんでした。
 右頬が腫れていました。
 眼球結膜に出血がありました。
 白目が赤くなっていました。
 患者さんは右頬が腫れているだけだと思ったようです。
      ■         ■
 形成外科外来で診察です。
 口を開けられるか聞いてみます。
 お口を開けられますか?
 痛くてこれ以上開きません。
 上の歯と下の歯の間の距離を測定します。
 2センチしか開きません。
 開口障害かいこうしょうがいと言います。
      ■         ■
 次に上口唇に触れてみます。
 ちょうど歯医者さんで麻酔がかかったように、
 右側の上口唇だけがしびれています。
 噛んでいただくと、
 右上顎の歯は、
 麻酔がかかったような感覚です。
 右上の歯ぐきも感覚がにぶいです。
 眼窩下神経麻痺がんかかしんけいまひです。
      ■         ■
 右目だけ白目が赤く充血しています。
 視力に異常はありません。
 正面を向いた時は正常に見えます。
 上を向いてもらうと、
 右目だけ上を向けません。
 上転障害じょうてんしょうがいと言います。
 上を向くと、
 ものが2つに見えます。
 複視ふくしと言います。
      ■         ■
 これだけの症状がそろっていると、
 レントゲンを撮らなくても診断ができます。
 右頬骨骨折みぎきょうこつこっせつです。
 右眼窩底骨折みぎがんかていこっせつもあります。
 この患者さんの手術を担当させていただき、
 手術結果も問題がなかったので、
 形成外科認定医10症例にさせていただきました。
 北海道の住人でも、
 雪道で転倒して骨折します。
 くれぐれも注意してください
 歩き方も大切です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ