医学講座

ラベンダーの効果

 平成20年7月8日、北海道新聞朝刊の記事です。
 防虫効果に注目
 中欧でラベンダー人気
 高血圧対策にも
 道内でまもなく見ごろを迎えるラベンダーが
 オーストリアなど中欧でも人気を集めている。
 自然志向の生活スタイルが広まり、
 人工的な薬品を使った芳香剤が敬遠される一方、
 ハーブ(香草)が持つ防虫効果や
 鎮静作用が見直されている。
      ■         ■
 中欧では11世紀ごろから、
 ラベンダーを防虫剤や
 入浴剤として使ってきた。
 1970年代以降、
 化学薬品を使った
 防虫・芳香剤が増えたが、
 気分が悪くなるといった声が
 少なくなかった。
      ■         ■
 近年、ラベンダー茶には
 血圧を下げるとともに、
 熟睡作用もあるとの評判が高まり、
 「夏の伝統的ハーブ」である
 ラベンダーを買い求める人が増えた。
 ウィーン周辺では
 6月中旬から出荷が始まった。
      ■         ■
 クッチュケル市場の花屋で働く
 グーセンさん(16)は
 「客は3年で倍増し、
 毎日20鉢は売れる。
 観賞し終わったら
 タンスの虫よけに使うのが一番」
 と話していた。
 (ウィーン・石井群也、写真も)


乾燥ラベンダーを詰めた
オーストリア伝統の
防虫剤や入浴剤を手に、
効用をPRするグーセンさん
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 北海道新聞の記事に書かれているように、
 ラベンダーには、
 精神安定、防虫、殺菌の作用があるそうです。
 アロマセラピーのHPには、
 次のように書かれています。
 ラベンダーは、
 怒りを和らげ、
 疲労を回復し、
 精神的なことや
 人間関係の改善化にも役立ってくれる。
 また、ラベンダーは、
 中枢神経系のバランスをとる作用があるため、
 躁うつ症的な症状にも効果を発揮します。
      ■         ■
 確かに…
 怒りんぼの私に
 ラベンダーはよく効きます。
 毎朝、
 ラベンダーオイルを、
 院内の芳香器(香りを出す器械)
 に入れていると幸せな気分になれます。
 昨年までは自分で育てていました。
 ラベンダーを花を刈る時だけではなく、
 雑草を取る時でも、
 ラベンダーの木や茎に触れると、
 良い香りがしていい気分になれます。
      ■         ■
 睡眠薬や抗うつ剤には、
 副作用がありますが、
 ラベンダーでしたら、
 副作用の心配もないと思います。
 世の中、
 辛いことがたくさんあります。
 ラベンダーで心を癒してもらいます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ