医療問題

不必要な検査

 平成20年7月27日、朝日新聞朝刊、
 声の欄への投稿記事です。
 不必要な検査
 医療費の無駄
 脳神経外科医 松島善治
 (東京都小金井市 72歳)
      ■         ■
 私は幾つかの病院で頭痛外来を担当しているが、
 院内外から紹介されて来る慢性頭痛の
 患者のほぼ全員が、
 既にCT(コンピューター断層撮影)
 またはMRI(磁気共鳴断層撮影)
 を実施されている。
      ■         ■
 慢性頭痛でこれらの検査が必要なことはまれで、
 重要なのは正確な頭痛の知識だ。
 だが日本の病院では、
 検査が収入につながるためか、
 検査は不必要だと説明する時間を省くためか、
 頭痛と言えば直ちにCTやMRIの検査を実施してしまうのである。
      ■         ■
 これは医師の勉強不足にもよるが、
 他方では「頭痛があるから頭のCTを撮って下さい」
 と患者から望まれる場合が多いためだ。
 不必要だと説明しても納得させるのは実に難しい。
      ■         ■
 こうした不要な検査の数は膨大で、
 全国の診療所や病院で毎日行われる
 無駄な検査に支払う費用は、
 国の医療費のかなりの部分を占めている。
 不要な投薬も同様である。
      ■         ■
 医療崩壊が叫ばれる今、
 医師の実力や、
 患者にとっての必要の有無に関係なく、
 官僚の天下り先ともなりうる会社の
 医療機器、
 検査、
 薬などを使った時に限って
 医療側に金が入るような
 今の仕組みは早急に改めるべきだ。
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 日本の医療保険制度の問題点です。
 出来高払いと呼ばれる方式です。
 不要な検査が多いことも確かです。
 投稿者の先生がご指摘なさっていらっしゃるように、
 医療者側だけの問題でもありません。
      ■         ■
 『あの病院へ行ったけど、検査もしてくれなかった』
 『あそこの病院の先生は、すぐに注射をしてくれる』
 『注射一発ですぐに治る』
 などは、日常よく耳にする会話です。
 医療者側にとって、
 もしCT検査をせず、
 後で脳腫瘍などが見つかったとすると、
 (頭痛との因果関係がなくても)
 訴訟になる恐れもあります。
      ■         ■
 CTやMRI検査は、
 造影剤を使わない限り、
 痛くもありません。
 検査によるリスクも少ないので、
 安易に行われることもあると思います。
 私は投稿者の先生の意見に賛成ですが、
 高額のCTやMRIを導入した医療機関では
 今日も不要な検査が行われていると思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ