院長の休日

北大のイチョウ並木2009

 北海道は寒くなってきました。
 休診日に北大構内の紅葉を見てきました。
 毎年、行っているのが、
 イチョウ並木です。
 昨年
 一昨年の写真を出してみました。
 今年は、少し早いので…
 まだ緑があります。
 今月の下旬からが見ごろです。
      ■         ■
 私が北大病院で形成外科の修行をしていた頃…
 このイチョウ並木の下を…
 毎日歩いていました。
 当時は車通勤ができたので、
 駐車場に車を置いて、
 イチョウ並木の下を歩いて病院へ行きました。
 (カローラに乗っていました)
 当時は、
 イチョウがキレイとか言っている余裕は…
 正直なところありませんでした。
      ■         ■
 朝早くから…
 今日は○○先生の手術の助手!
 指示の出し忘れはなかったかな…?
 とか
 今日のカンファレンスの準備は大丈夫かなぁ…?
 とか
 教授回診なので、
 しっかり準備をしておこう!
 なんてことを考えながら…
 足早に歩いていました。
      ■         ■
 夜に帰るころは真っ暗なので、
 銀杏(ぎんなん)の実を踏まないように気をつけました。
 不幸にして…
 銀杏を踏んでしまうと、
 車の中が臭くなりました。
 イチョウの葉が落ちて、
 黄色いじゅうたんになったころに、
 毎年、初雪が降りました。
 30年後に…
 イチョウの並木を毎年見に来るとは…
 全く考えていませんでした。
      ■         ■
 昨日の北海道新聞の記事によると、
 ここには、
 もともとサクラとカエデが
 植えられていたそうです。
 1939年にイチョウに植え替えられました。
 なぜイチョウになったのか?
 北大には現存史料がなく、
 わからないそうです。
      ■         ■
 故・岩沢健蔵さん(元北大事務官)の
 「北大歴史散歩」(北大図書刊行会)によると、
 北大嘱託の測量士が、
 「害虫に弱いサクラより、イチョウにすべきだ」と提言したので
 この樹齢70年、
 70本のイチョウ並木ができたのだそうです。
 北13条通りにあります。
 札幌にいらしたら、
 是非訪れてください。


2009年10月21日
北大イチョウ並木
昨年より早いので緑があります
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ