医学講座

ビル建替_院長日記の効果

 2016年のお正月明け早々、
 突然やってきた大同生命不動産部からの電話
 2016年1月9日には不愉快な文書が届きました
 コンタクトオフビルのテナントには、
 オーナーチェンジだけを告げました。
 ビル建替のことは、
 わからなかったテナントさんもありました。
      ■         ■
 私が院長日記で詳細を報告しているので
 この院長日記を読んで、
 弁護士の高橋智先生に相談なさったテナントさんもいます。
 大同生命の工藤稔社長からは、
 予想通りコメントはありません
 文書が送られてきた後は、
 何の連絡もありません。
      ■         ■
 私がはじめてビル建替を告げられたのは、
 開業3年目の2007年でした
 せっかく高いお金をかけて作った手術室なのに、
 なんてことだ!ととても困りました。
 幸いなことに、
 リーマンショックという風が吹いて
 ビル建替え計画も吹っ飛んでしまいました
 ♡幸運♡でした。
      ■         ■
 ビルのオーナーさんが変わって
 美容室やネイルサロン、リラクゼーションのお店まで増えて、
 若い女性が気軽に入れるビルになりました
 札幌美容形成外科としては大歓迎でした。
 昔のビルにはサラ金が2軒入っていました。
 ちょっと入るのに抵抗があるビルでした。
 今は地下歩行空間出口もすぐ近くにあり
 とても便利な立地です。
      ■         ■
 今から2年くらい前に、
 お隣の大同生命ビルが建て替えるようだと聞きました。
 昨年秋には1FのJTBさんが移転しました。
 地下歩行空間直結で、
 札幌グランドホテルの地下です。
 いいところに移転されたものです。
 きっとお客さんが増えていると思います。
 大同生命ビルの店子さんは、
 2年前から着々と準備をされていました。
      ■         ■
 ところがこちらのコンタクトオフビルは、
 お正月明けに突然の電話です
 一部のテナントには、
 2016年で契約打ち切りを予告されたようです。
 大同生命のHPには
 「最高の安心」と「最大の満足」と書いてあります。
 お客さんの生命に保険をかけて、
 安心を売る会社です。
      ■         ■
 確かに6ヵ月前退去予告というのが不動産にはあります。
 平和に暮らしていたコンタクトオフビルの店子
 工藤さん、
 あなたは末期のガンです。
 余命半年です。

 …と宣告するようなものです。
 バブル期の悪徳不動産屋じゃあるまいし、
 生命保険会社としては最低です
      ■         ■
 私がいくら調べても、
 ビル立ち退きについて書いたブログはありません。
 立ち退き料には高額の税金がかかります
 お金なんかいりません
 私たちは平和に生計を立てたいだけです
 裁判になれば公開された法廷で
 大同生命の主張がおおやけにされます。
 株主にも取引先にも投資家にも公開されます
 もちろん院長日記で公開します
 将来、同業者が困らないように記録を残します

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ