医学講座

英語で発表してみよう④

 慶應義塾大学医学部英語科
 Minton教授の教え
 Hands-on training in English presentation skills
 英語で発表してみよう①
 英語で発表してみよう②
 英語で発表してみよう③
 …の4回目です。
      ■         ■
 日本の医学教育では、
 発表するスキルを専門に教える講義が少ないです。
 自分で発表する段階になって、
 はじめてパワーポイントを使う人もいます。
 私は、
 もっと医学教育の中で、
 PCのスキルを高める講義をすべきだと思います。
      ■         ■
 私が今から勉強しても、
 慶應(医)には絶対に合格できません。
 Timothy Minton教授が 
 慶應義塾大学医学部英語科
 …にいらっしゃる、
 さすが慶應義塾はすごいと思います。
 国立大学医学部に、
 専任の医学部英語科教授がいらっしゃるのは、
 あまり聞いたことがありません。
      ■         ■
 Minton教授の前任地は、
 日本医科大学です。
 第128回日本美容外科学会(東京)
 組織会長の青木 律先生グリーンウッドスキンクリニック立川
 …ととても仲良しそうでした。
 海外の学会で、
 いっしょにお酒を飲んだことあるそうです。
 Minton教授の豊富な経験は、
 日本医科大学でつちかわれたと思いました。
      ■         ■
 英語で発表なんて、
 自分には絶対に無理と思っていても、
 周囲の先生がみんな発表していて、
 助けてくださる
 Minton教授のような方がいらっしゃれば、
 あなたにもできます
 最初からできないと思わないで、
 チャレンジすることが大切です。
      ■         ■
 私はよく学会に行きます。
 素晴らしいと思う発表ばかりではありません。
 中には退屈な発表もあります。
 居眠りする発表もあります。
 有名な大学の、
 有名な先生でも、
 へたくそな発表があります。
 中味がいい内容なのに、
 へたくそな発表は残念です。
      ■         ■
 前置きが長くなりました。
 今日のMinton教授の教えは、
 スライドです。
 英語で発表してみよう③に書いたように、
 発表は論文と違います。
 ポスターとも違います。
 コンパクトにまとめた内容を、
 わかりやすく
 手短にスライドにするのです。

      ■         ■
 文字が多いスライドはダメです。
 最前列からも読めない、
 小さな字ばかりのスライドを出す先生がいます。
 そんなスライドを見ただけで、
 その発表を聴く気がなくなります。
 スライドは、
 要点だけを数行にまとめます。
 数字のられつだけもダメです。
      ■         ■
 スライドに原稿の文章を入れて、
 下を向かないで、
 スライドを読む先生もいます。
 聴衆は、
 先生が声を出して、
 読み上げるスピードよりも、
 早くスライドの文字を読んでしまいます。
 聴衆は退屈してしまいます。
      ■         ■
 Minton教授の教えです。
 一枚のスライドの語数は、
 60 words以下です。 
 Keep your slides 
 Clear and Conciseです。
 スライドは簡潔で明瞭にです。
 わかりやすい発表をするには、
 いいスライド作りからです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ