二重・眼瞼下垂

保険でも見た目が大切

 2017年9月28日、29日の2日間にわたって開催された、
 第40回日本美容外科学会はとても勉強になりました
 学会長の蘇春堂形成外科院長、
 野平久仁彦先生が、
 会長あいさつの代わりに、
 ご自分の手術室から術衣で手術を披露されました。
 なかなかできないことです。
 40年の日本美容外科学会ではじめてです。
      ■         ■
 2つある日本美容外科学会のうち
 こちらの学会は形成外科医が大部分です。
 JSAPSじぇいさぷす
 Japan Society of Aestheic Plastic Surgeryの略です。
 大学病院の形成外科教授や、
 大きな病院の形成外科の先生も参加されています。
 大学病院や公立病院は保険診療で手術をしています。
      ■         ■
 今回の学会では、
 眼瞼下垂症手術がんけんかすいしょう
 眼瞼痙攣の手術がんけんけいれん
が討論されました。
 どんなにベテランの先生が手術をしても、
 手術後にクレームになることがあります。
 共通したクレームは、
左右差がある
二重の幅が広い
目が三角になっている

 …などなど、たくさんあります。
      ■         ■
 私が手術をさせていただいても、
 残念ながらクレームをいただくことがあります。
 目は2つあります。
 もともと左右差がない方は、
 手術後にも左右差になることはまれです。
 もともとの左右差を、
 上手にお化粧で修正していた方は、
 手術後もお化粧と同じようになると思っています。
 手術前の左右差を見落とすと
 大きなクレームになることがあります。
      ■         ■
 保険診療で手術をしても、
 自由診療で高いお金を払って手術をしても、
 最後に患者さんが評価してくれるのは、
 見た目です。
 私も毎日苦労して手術をしています。
 札幌美容形成外科では、
 保険診療の眼瞼下垂症手術しか実施していません。
 それでも…クレームをいただくことがあります。
      ■         ■
 学会に参加して、
 同業の先生と話すと、
 みんな苦労してるんだなぁ~
 …ととても納得できます。
 学会で勉強したことを役立てて、
 少しでも
 クレームにならない手術を目指します。
 100人の眼瞼下垂症患者さんがいると、
 200通りの目があります。
 左右の目が同じ人はまれです
 毎日苦労して手術をしています。
 札幌美容形成外科は、
 保険診療でもまつ毛の向きにこだわって
 まつ毛の根もと根っこが見える
 素敵な目を作るようにしています
 丁寧に手術をしています
20160329
手術前の状態

手術前です
手術直後です

手術5ヵ月後の状態

手術5ヵ月後です

20140825-2-pre1

手術前です

20140825-2-pre-ex

切除する皮膚です

20140825-2-po1m1

手術一ヵ月後です

20140825-2-po3y

手術3年後です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ