二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂症手術のダウンタイム

 私が聖路加国際病院形成外科で、
 大竹尚之先生から、
 眼瞼下垂症手術をしていただいて、
 今年で丸7年になります。
 おかげ様で快適です。
 何の不自由もありません。
      ■         ■
 自分で手術を受けたので、
 患者さんへの説明にも使っています。
 実際に私のキズを見ていただいています。
 ちょっと見ただけでは、
 どこにあるかわかりません。
 大竹先生の技術は素晴らしいです。
 感謝しています。
      ■         ■
 手術を受けたいという患者さんから、
 よくご質問をいただきます。
 質問:私は仕事をしています。
 仕事に復帰できるまでの期間はどのくらい必要ですか?

 私からの回答です。
 お仕事の内容によります
 目の印象が変わるので、
 不特定多数の方に顔を見られる職種の方には、
 難しい手術です

      ■         ■
 一週間のお休みで無理な方
 2015年10月24日の院長日記です。
 航空機のCAさん、
 ホテルのコンシェルジュさん、
 不特定多数のお客さんに見られる職種の方、
 デパートで化粧品販売をなさる方、
 高級ブランドの販売員さん、
 会社の社長さん。
 ご自分の顔が商売道具です。
 目が腫れているので仕事ができない職種の方は、
 一週間のお休みでは無理です
      ■         ■
 私はよく次のように説明しています。
 ばりばりお仕事をなさっていらっしゃる方は、
 最低2週間以上のお休みが取れる時期に
 手術をおすすめします。
 デパートに買い物に行けるようになるまで
 最低1ヵ月はかかる
とご説明しています。
 手術後1ヵ月でも腫れている人もいらっしゃいます。
 切る長さが長いと腫れも強くなります。
      ■         ■
 眼瞼下垂が重度で、
 切る長さが4㎝以上になると、
 近所のスーパーにサングラスで行くにも、
 2週間以上はは必要だと思ってください。
 キズが落ち着くまで3ヵ月くらいかかります。
 私は7年前の12月1日に手術をしていただき
 桜が咲く頃
 触っても違和感が少なくなりました。
 (つまり半年はかかりました
 かぶれやすい方は腫れが長く続きます。
      ■         ■
 簡単に手術で治ると思っている方には、
 手術はおすすめいたしません。
 私が手術をしても、
 治りが悪い患者さん
 腫れが予想以上に長く続く患者さん
 左右差が出る患者さんがいらっしゃいます
 手術後に目をこする
 再発して再手術になることもあります
 大変な手術なので毎日苦労しています

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ