医学講座

コラーゲンのアレルギー反応

 私がコラーゲンの臨床試験を担当した30年前まで、
 ヒトの体内に安全に注入できる材料はありませんでした。
 大浦武彦先生が学会長なさった、
 1986年の第29回日本形成外科学会(札幌)で、
 大浦先生が自らコラーゲンの発表をされました。
 狭い会場でしたが、
 立ち見ができるほど多くの先生が集まりました。 
      ■         ■
 米国のベンチャー企業が、
 牛のコラーゲンを製品化しました。
 ザイダームZydermという商品名でした。
 牛のコラーゲンから作ったので、
 約3%の人にアレルギーが出ます
 皮内テストという、
 ツベルクリン反応のように、
 少量のコラーゲンを皮膚に注射するテストが必要でした。
      ■         ■
 この皮内テストをして、
 4週間様子をみて、
 アレルギーがない人だけに注射をしました。
 米国企業から送られた、
 膨大な論文を読みました。
 大部分がアレルギーに関する論文でした。
 美容目的に使うコラーゲンで、
 アレルギーが出たら大変です。
 3%の人が合わないというのは結構な高リスクです。
      ■         ■
 コラーゲンは、
 それまで治療が難しかった、
 眉間のしわや、
 額のしわに効果的でした。
 臨床試験の患者さんがいなかったので、
 自分の母親にも注射しました。
 眉間のしわがみごとに治りました
 当時私は30歳で、母親が58歳でした。
 当院HPの眉間のしわは私の母親です。
      ■         ■
 うちの奥さんは28歳でした。
 まだ若くてきれいでした。
 28歳の奥さんが、
 私も目のしわを取りたいと言いました。
 今だったら、
 28歳の女性のしわは絶対に取りませんが、
 コラーゲンの臨床試験に参加してくれる人もいないので、
 うちの奥さんのしわも治療しようということになりました。
      ■         ■
 マニュアル通りに、
 左前腕にツ反のように皮内テストをしました。
 残念なことに、
 うちの奥さんは皮内反応が陽性でした。
 コラーゲンを注射したところが、
 蚊に刺されたように真っ赤になりました。
 奥さんはがっかりしていました。
 それ以上に困ったことが起こりました。
      ■         ■
 蚊に刺された赤味は、
 せいぜい数日で消えます。
 ところが、
 奥さんの腕の赤味は、
 いつまで経っても消えませんでした。
 コラーゲンは注射できないは、
 腕には赤い発赤は残るは、
 赤いところは痒いは、
 】奥さんの怒り【は相当なものでした。
      ■         ■
 結局、約半年くらいはうっすらと赤味が残りました。
 それ以来、
 私は皮内テストを、
 上腕内側の目立たない部位にするようにしました。
 もちろん研究会でも発表しました。
 私は奥さんから、
 赤味が消えるまで、
 ず~っと文句を言われることになりました。
 美容目的で使う製品は100%安全でなければ、
 大変なことになると身をもって体験しました
 mi1

mi2

母親の眉間のしわです

“コラーゲンのアレルギー反応”へのコメント

  1. まみ子 より:

    当院では炭酸ガスレーザーを施行する時に、キシロカインの皮内テストをします。前腕にしていますが、今まで陽性だつた患者さんはいません。

    コラーゲンで陽性反応が出てしまった奥様、皮内テストをしてくれた先生に感謝ですね。

  2. なっちゅん より:

    コラーゲンの歴史はかなりあるんですね。
    私なんて10年前位に知りました。

    眉間のシワ、まるでなかったかのようですね。
    とても綺麗です。

    奥様、大変でしたね。
    それはそれは不安だった事でしょう。

    3%大きいと思います。
    1%の確率で頭痛の副作用がある薬の服用をやめました。
    テルネリンです。
    肩凝りに処方していただいてましたが。

    知人はヒアルロン酸が合わなく腫れたと聞いてます。
    総合病院の美容外科で受けた人です。
    現代でも稀に合わない方がいるのですね。

  3. さくらんぼ より:

    お母様きれいですね。私もいろんなアレルギーがあるので試してみないとわからないです。でもしわはとりたいです。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ