医学講座

バラマイシン軟膏

 私が医師になった時、
 一番最初に教わったのが、
 このバラマイシン軟膏です。
 バシトラシン
 フラジオマイシン
 2つの抗菌剤が入った軟膏です。
 熱傷や創傷に、
 よく使っていました。
      ■         ■
 今でも使っています。
 やけどにつけると、
 痛くないです。
 この軟膏のいいところです。
 他の軟膏と比較して、
 刺激が少ないです
 患者さんにとって、
 痛くないのはありがたいです。
      ■         ■
 北大形成外科の先輩から
 新米医師の頃に
 本間先生、
 創に何を塗ったらよいかわからなかったら、
 まずバラマイを使え

 …と教えていただきました。
 教えてくださった先輩には、
 今でも感謝しています
      ■         ■
 皮膚科の先生がよくお使いになるのが、
 ゲンタシン軟膏です。
 ゲンタシン軟膏が入ったステロイド軟膏もあります。
 リンデロンVG軟膏などです。
 北大形成外科でも、
 ゲンタシン軟膏を使っていましたが、
 ある時期から使用を止めました
 耐性菌が増えたからです。
      ■         ■
 私は医師になってから、
 ず~っと
 日本熱傷学会に参加しています
 熱傷治療が勉強になるからです。
 熱傷治療は、
 この10年くらいの間に大きく変わりました。
 特に小児の熱傷治療が変わりました。
      ■         ■
 子どものやけどにフィブラストスプレー
 この治療法で劇的によくなる患者さんが増えました。
 残念なのは、
 フィブラストスプレーには、
 感染を防ぐ抗菌作用はありません
 感染を起こすと、
 熱傷が深くなることがあります。
 熱傷は感染との戦いです
      ■         ■
 北大形成外科では、
 バラマイシン軟膏を熱傷治療に使っていました。
 長期間同じ軟膏を使うと、
 どうしても耐性菌が増えます。
 バラマイシン軟膏を使っていても、
 常に耐性菌に気をつける必要があります。
      ■         ■
 現在の熱傷治療では、
 耐性菌の問題から、
 バラマイシン軟膏のような、
 抗生物質軟膏を使わない傾向があります
 62歳の形成外科医としては、
 使用方法に注意して期間を限って使うと、
 バラマイシン軟膏は痛くなくて、
 とてもいい熱傷治療薬だと思います
 エビデンスレベルは低いですが、
 若い先生へ伝えたいことの一つです

“バラマイシン軟膏”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    バラマイシン軟膏は処方してもらったことがないです。ゲンタシンやリンデロンはよく処方してくださいますが。耐性菌が増えるのですか。 民間療法の食物のアロエを切り取り汁を付けるはダメですよね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。浅いやけどでしたらアロエでも治ります(おすすめはしませんが、、、)。軟膏は施設によって使い方が違います。抗生物質軟膏は耐性菌の問題があります。まったく使わないと感染のリスクがあります。難しいところです。

  2. えりー より:

    いろいろな薬があって、
    それを記憶している医師の仕事は、
    やっぱりすごいなぁと思います。
    いつ頃もらったのか忘れてしまいましたが、
    バラマイシン、リンデロンという名前は
    聞いたことがあります。

    やけどは感染と耐性菌に注意しなければ
    ならないのですね。知りませんでした。
    院長日記は若いお医者様も知識を得ることが
    できてありがたいと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。昔からやけどは感染との戦いです。抗生物質軟膏や色素を使う方法もあります。やけどに効く温泉があります。生理的食塩水の0.9%という濃度に近い食塩泉だと痛みがなく、やけどの部位についた細菌を温泉水が洗い流して治す効果があります。私の経験では抗生物質軟膏を上手に使うと痛みが少なくやけどがきれいに治ります。

  3. なっちゅん より:

    バラマイシン、勿論初めて伺うお薬ですが
    いいのですね!

    ステロイド剤の長期使用はいけないと
    テレビで見たことがあります。

    父のかゆみ止めステロイド剤が
    入ってます。
    熱が2ヶ月間続いてる状態ですが
    そのような時に使うのは
    どうなのでしょうか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。皮膚科専門医が適切に使えばステロイド剤は安全です。ステロイド剤にも強いものも弱いものもあります。部位によって皮膚の厚さが違うので使うステロイド剤を変えます。熱があってもかゆみが強いのでしたらステロイド剤を使うのは問題ありません。

  4. すみれ より:

    良いことを教えてもらいました。伯母が医者からいただいた軟膏が良くてとってあるのですが、消費期限が2009年で伯母も亡くなって10年もたつので、どうしようか?と思っていました。薬の名前を登録しておきますね。ついでに母が夜中に鼻血が止まらなく鼻血では、救急車がきてくれません。札幌の病院からいただいた止血のテープはもうつくっていないと言われました。鼻血にきく、くすりありますか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。医療機関で使う鼻血の薬はボスミンという血管収縮剤です。残念なことにアンプルに入った注射薬で、これを生理的食塩水で薄めて使います。ネットを検索するといくつかの耳鼻科のサイトに書いてあります。キーゼルバッハ部位というところから出血するので、鼻をつまむのが正解のようです。

  5. くくるん より:

    熱傷治療も時間とともに考え方や治療法が変わってくるのですね。常に新しい情報をまんべんなく取り入れることがとても大切だと、先生のブログを見ると考えます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。医療は常に進歩しています。医師国家試験を受けた時と同じ知識では診療はできません。毎日勉強です。

  6. はるあや より:

    バラマイシン軟膏を処方されました!

    一歳の娘が保育園で顔を引っかかれてしまいました。
    3日も経ってしまいましたが、痕が残るのが気になってきて、今更ですが皮膚科にかかりました。

    バラマイシン軟膏を処方されたのですが、それを塗ることしかしてあげることはないですか?

    ある程度よくなったら違うものを塗ったほうがよかったりしますか?
    女の子なので痕が残るとかわいそうで…

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    女の子で傷が心配というのは理解できますが、ここにコメントをいただいても症状がわかりません。部位や深さによっては形成外科的な手術や処置が必要なこともあります。心配でしたら形成外科を受診してください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ