医療問題

形成外科への想い

 私が形成外科を選んだのは、
 美容外科医になりたかったからではありません。
 医学部の6年目に、
 臨床実習がありました。
 白衣を着て…
 大学病院で…
 手術を見学したり… 
 外来を見学したり…
 勉強をしていました。
 お医者さんの卵になった気分でした。
      ■         ■
 形成外科医になった理由という日記が
 2006年11月26日にあります。
 実習で手術を見学していた頃です、
 顔を縫うのに
 どう見てもキズが残りそうな縫い方を見ました。
 『病気が治っても
 キズが残ったらこの人の人生はどうなるのだろう?』
 と思って、
 図書館で形成外科の教科書を見つけました。
      ■         ■
 これが私と形成外科の出会いでした。
 秋になると…
 同級生は次々と…
 自分が専攻する科目を決めました。
 私は、
 札幌医大に形成外科がなかったので、
 北大へ行こうか迷っていました。
 北大へ行くと決めたのは、
 同期の中でも一番最後の方でした。
      ■         ■
 私の形成外科への想いの原点は…
 キズをきれいに治すことです。
 山形大学で起こった医療事故はとても残念です。
 形成外科専門医の先生は、
 少しでもキズをキレイにしたいと努力したはずです。
 結果的に裁判になってしまいました。
 患者さんは、
 手術を受けたことにより、
 下肢にも心にも…
 キズを残してしまいました。
      ■         ■
 山形大学医学部長の
 山下英俊先生に言いたいです。
 もしご自分のお子さんや…
 お孫さんが…
 ケガをしたら…
 少しでも…
 キレイに治したいと思うはずです。
 ご自分で治療なさいますか?
 同期や友人の形成外科専門医に…
 相談しませんか?
      ■         ■
 山形大学の結城章夫学長さん。
 もし、
 山形大学で不幸な事故に遭われた患者さんに…
 申し訳ないというお気持ちがあるのでしたら、
 是非、しっかりとした診療科目として、
 形成外科を独立させてください。
 教授を全国から公募して、
 学生に対して、
 しっかりと教育をしてください。
 山形県民を安心させてください。
 大学の基本理念にある
 不断の自己改革をしてください。

“形成外科への想い”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    ありがとうございます。その通りで 病院長が医学部長になっただけでなんら形成外科はかわりません。一人だけの形成外科医ではとても大変だと思います。どうか 山形大学のみなさん この日記を読んで よく考えてください。
    私は 本間先生は形成外科医をあの白い巨塔の事件がなければ 続けておられ たくさんの形成外科医の卵を育てられ世に送り出されていたと思います。
    山形のみなさん、山形県知事さん、医師のみなさん、弁護士のみなさん どうか 山大の上層部の方にこの日記を読んで 形成外科を作るようお願いしてください。 私だけの力では 結城学長も山下医学部長も何も理解させることができません。
    本間先生 ありがとうございます。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ