院長の休日

いつもあいさつしてくれるボク

 平成21年7月6日、朝日新聞朝刊、
 ‘ひととき’への投稿です。
 あいさつ好きの息子
 4月から幼稚園の年少組に入園した長男と、1歳の長女の3人で、毎朝、家の近くの園バス乗り場まで歩いていく。
 道すがら、息子は行き交う人すべてに満面の笑みで 「おはようございます」とあいさつをする。息子にとっては、あいさつが返ってくるかどうかは問題でなく、朝はいつも元気に「おはよう」なのだ。大好きな幼稚園に行けることもあって、声に弾みがつく。
 普段、知っている人にしかあいさつをしない私は、内心ヒヤヒヤしながら見守っているが、通勤で忙しそうに駅に向かう人も、携帯電話でメールをしながら歩く学生さんも、笑顔で手を振ったりあいさつを返したりしてくれる。
 おかげで顔見知りが増えた。駅前で買い物をしていると「あら、いつもあいさつしてくれる僕じゃない」と声をかけられる。園バス乗り場の近くに住むかたから、手作りケーキをいただいたこともある。
 一日の始まりの一言で、心明るく朝が迎えられる。交友も広がり、温かい気持ちに包まれる。子育ては大変だけれど、3歳の息子に教えてもらうことの方がたくさんある。
 今朝も息子はまぶしい青空を見上げて「ママ、鳥さんもニコニコしてるね。おはよう、鳥さん」と言いながら、張り切ってバスに乗っていった。
 (横浜市 西 亜紀 主婦 41歳)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 この投稿を読んで、
 月曜日の朝からさわやかな気分になりました。
 いつもあいさつしてくれる♡ボク♡は、
 きっと近所の人気者ですね。
 私の通勤途中には、
 足早に急ぐ人たちばかりで…
 なかなか、子どもさんには会いません。
      ■         ■
 たまにマンションのエレベーターで、
 子どもさんと会うことがあります。
 でも、すぐに下を向いてしまいますね。
 チェリーが元気だった頃は、
 散歩に行くと…
 知らない犬好きの人と、
 自然とあいさつができ、
 交流が広がったことがありました。
      ■         ■
 同じシェルティーのオスで、
 ゴンちゃんという子がいました。
 その子は、
 西区西野からお散歩に来ていました。
 いつもご主人か奥様、
 お嬢様が散歩をさせていました。
 もう15年以上たっていますので、
 ゴンちゃんはどうしているかなぁ~?
 と思うこともあります。
      ■         ■
 子育ては大変で、
 いろいろなご苦労も多いと思います。
 ただ…
 一生に一度しか体験できない、
 貴重な時間であることは確かです。
 小さい時はかわいいです。
 札幌にも、
 いつもあいさつしてくれるボク
 がいてくれるといいなぁ…と思いました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ