医学講座

日焼けマシンの危険性

 朝日新聞のWEBページ、
 asahi.comからの引用です。
 同じ内容の記事が平成21年7月31日の
 北海道新聞朝刊にも掲載されていました。
 日焼けマシン、発がんリスク最高レベル
 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、日焼けサロンやスポーツジムで使われ、人工的に紫外線を出す「日焼けマシン」の使用は発がんリスクを確実に高めるとして、発がんリスク分類でもっとも危険性の高い「グループ1」に引き上げた。
      ■         ■
 IARCは、日焼けマシンと皮膚がん(メラノーマ)との関係を調べた19論文を分析。30歳未満で日焼けマシンを使った経験のある人は、使ったことのない人より75%もリスクが高いことがわかった。日焼けマシンの使用による、眼球の色素細胞にできるがんのリスクも高かった。
      ■         ■
 従来、紫外線のうちB紫外線(UVB)にだけ発がん性があると考えられていたが、A紫外線(UVA)もUVBと同じように発がん性があることもわかったという。地上に降り注ぐ紫外線の95%がUVAだ。
      ■         ■
 日焼けマシンは5段階の発がんリスク分類で危険性が2番目に高いグループだった。危険性が一番高いグループにはアスベストやたばこ、X線、太陽光などがある。
      ■         ■
 紫外線に詳しい名古屋市立大の森田明理(あきみち)教授(皮膚科)は、「黄色人種は白人に比べて紫外線によるがんのリスクは数分の1だとされるが、油断はできない。屋外で浴びる紫外線の量が、欧米の多くの都市よりもかなり多いからだ。外出のときは、皮膚が赤くなるような日焼けをしないように、日焼け止めや日傘で予防すべきだ」と警告する。(大岩ゆり)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 2008年7月5日の日記にも書きました。
 私は平成7年(1995年)1月から平成10年(1998年)3月まで、
 3年3ヵ月間、
 JA帯広厚生病院形成外科に勤務しました。
 帯広がある、
 北海道十勝地方は、
 日照時間が長く、
 北海道の穀倉地帯の一つです。
      ■         ■
 十勝地方で長い間、農業に従事された方、
 漁業で長い間、紫外線にあたった方には、
 皮膚がんができることがありました。
 お仕事で紫外線にあたったためにできた癌でも、
 労災保険の適応もなく、
 年をとってから、
 顔の皮膚を切除する手術は、
 ほんとうにお気の毒でした。
      ■         ■
 農業や漁業、
 ゴルフ場に勤務される方は、
 くれぐれも紫外線防御対策をしっかりなさってください。
 カバーマークも効果的です。
 小麦色の肌にあこがれて…
 お金を払って日焼けサロンに行かれる方が、
 今でもいらっしゃいます。
 皮膚科医の管理下にする、
 治療としての紫外線は別として、
 素人が安易に日焼けマシンを使うのは危険です。
 くれぐれも日焼けには注意してください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ