医学講座

鼻の整形2016

 目鼻立ちという言葉があります。
 鼻が低い日本人にとって、
 鼻筋が通った顔はあこがれです。
 札幌美容形成外科では、
 開院以来シリコンプロテーゼによる隆鼻術、
 パーレインPerlaneというヒアルロン酸注入、
 レディエッセRediesse注入を実施してきました。
      ■         ■
 今まで一例もトラブルはありませんが、
 パーレインは注入を繰り返していると、
 ゾウの鼻のように幅が広くなってしまいます
 1.0ccから0.5ccに量を減らしましたが、
 逆にあまり売れなくなってしまい中止しました。
 2012年になり、
 レディエッセRediesseという注入剤による整形が、
 大学病院からも発表されるようになりました
      ■         ■
 札幌美容形成外科でも、
 2012年10月からレディエッセRediesse注入を開始しました。
 美容外科としては一番遅いほうです。
 今でも慎重に投与すれば安全だと思っています。
 残念なことですが、
 2015年9月にレディエッセによる失明が文献として報告されました
 札幌美容形成外科では一例もトラブルはありませんが、
 レディエッセを中止しました
      ■         ■
 パーレインPerlaneというヒアルロン酸注入にも壊死症例が報告されています。
 ただ注射すればいいってものではないのに、
 鼻の血管解剖もわからない先生が
 やみくもに注射すると壊死になります。
 副作用が生じた後の対応も悪いと、
 鼻が大きく変形します
      ■         ■
 それでは、
 鼻の整形は無理なのでしょうか?
 TVを見ていると、
 つくった鼻と思われる方が映っています。
 かなり不自然な形もありますが、
 小さめのシリコンインプラントを、
 控えめに入れるのはいい方法だと思います。
 もちろんシリコンインプラントにも、
 感染や露出というリスクはあります。
      ■         ■
 石灰化という小さなしこりが、
 インプラント周囲にできることがあります。
 20代で入れた人が、
 50歳とか60歳になった頃にできることが多いです。
 私は85歳の女性が、
 先生、昔入れた鼻が硬くなった
 火葬場で焼かれた時に、
 変なもの出ないだろうか?

 …と相談されたことがあります
      ■         ■
 シリコンインプラントは、
 火葬場で焼かれても出てきません。
 その上品なご婦人は、
 石灰化したインプラントを、
 新しいインプラントに入れ替えて、
 上品な鼻を維持されました。
 感染や露出、石灰化のリスクはあっても、
 適切に見つけて取り出せば大丈夫です。
 こわがりの人にはおすすめしませんが、
 鼻の整形をしたければシリコンインプラントをおすすめします
0709-5
0709-4

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ