昔の記憶

形成外科を選んだ理由

 札幌医大の学生さんから、
 『先生はどうして形成外科を選ばれたのですか?』
 と訊(き)かれました。
 私:細かい作業が好きだったから。
 解剖実習の時にも…
 最後まで残って、細かい血管や神経を…
 キレイに出すのが好きだったから…
 医学生なら、
 この解剖の話はよくわかると思います。
      ■         ■
 解剖実習では性格が出ます。
 最初は、全員、こわごわと解剖をします。
 解剖実習の実際は、脂肪の中から、
 神経や血管を丁寧に出す作業です。
 男子学生とか女子学生とか…
 性別に関係なく…
 学生の性格が実習でわかります。
      ■         ■
 ある程度慣れてくると、
 ザックざっくと…
 大胆に切り刻んで行く人。
 細かいところまで…
 丁寧に作業をする人など、
 実にさまざまです。
 私は、解剖の先生に言われたのではありませんが、
 丁寧に一本いっぽん血管を出すのが好きでした。
      ■         ■
 私たちの時代には、
 2人一組で解剖をしました。
 私の解剖のパートナーは、
 福岡誠二さんでした。
 福岡さんは、
 名古屋大学工学部へ進学した後で、
 札幌医大へ入学されました。
 よく、
 俺はトヨタへ入って
 エンジニアになっていたかも…?
 と話していました。
 福岡さんも丁寧に解剖をする人でした。
      ■         ■
 福岡さんと呼んでいたのは、
 私より年上だったからです。
 福岡さんは、
 脳外科医になりました。
 中村脳神経外科という、
 脳外科の大病院で活躍され、
 最先端のガンマーナイフのスペシャリストになりました。
 今は札幌市清田区で
 ふくおかクリニックを開業されています。
      ■         ■
 その福岡さんと、
 医学部の6年生の時に、
 形成外科について話しました。
 北大形成外科へ話しを聞きに行こう
 ということになりました。
 こちらのページにも書いてあります。
 結局、私は形成外科へ、
 福岡さんは脳神経外科へ進みました。
 私は北大形成外科という、
 とてもよい環境で、
 形成外科医として育てていただきました。
      ■         ■
 恩師の大浦武彦教授からは、
 形成外科医としての、
 つくる楽しみを教えていただきました。
 私がこうして手術ができるようになったのは、
 北大形成外科で教えていただいたからです。
 よく叱られましたが、
 今となっては楽しい想い出の一つです。
 私は形成外科を選んでよかったと思っています。
 一番のいいのは、
 キレイに手術ができた時に、
 患者さんと喜びを共有できることです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ