院長の休日

教育費の大変さ

 赤ちゃんは可愛いですが…
 子育ては大変です。
 大きくなると教育費が大変です。
 私は公立大学で、
 授業料は一ヶ月分が3,000円でした。
 それでも予備校1年間+大学6年間は、
 お金がかかったと思います。
 私の弟は、
 芝浦工業大学という、
 東京の私大に行きました。
      ■         ■
 弟は大学の寮に入り、
 贅沢な暮らしはしていませんでした。
 それでも、
 学費と生活費を仕送りした親は、
 大変だったと思います。
 自分が親の年代になって気付きました。
 民主党が子ども手当を出すそうです。
 専門学校や大学生もお金がかかります。
 高校より上の学校へ行くのが贅沢でしたら…
 それは仕方のないことです。
      ■         ■
 これからの日本を支えるのは、
 専門性の高い教育を受けた…
 若い人です。
 人件費では、
 中国やベトナムにかないません。
 日本を支えるのは、
 外国にはない、
 高い知識と技術です。
 不況で学校へ進学できない…
 若い人が増えていると聞きます。
 勉強をしたいのに…
 進学できないのは残念なことです。
      ■         ■
 奨学金をいただいて…
 アルバイトをして…
 上の学校へ進学している人がいます。
 授業料免除の…
 特待生となった人もいます。
 苦学して勉強するのは、
 大変なことです。
 私は子ども手当もいいですが、
 もう少し、
 必死で仕送りしているのことも、
 国が考えてくれたら…と思います。
      ■         ■
 私は奨学金もいただかず、
 アルバイトのお金も、
 自分で使っていました。
 自分が親になって、
 子どもの教育費の大変さが
 身にしみてわかりました。
 私学は…
 お金がかかりました。
 私は家庭教師のアルバイトをしましたが、
 それ以上に、
 自分の子どもの家庭教師代がかかりました。
      ■         ■
 私は子どもの教育費を稼ぐために、
 函館の病院へ出張へ行きました。
 函館の看護師さんにも、
 大変お世話になりました。
 子どもの願いを叶えてあげるのが、
 親としての義務であり、
 楽しみであったのかもしれません。
 自分が親として苦労して、
 はじめて親の苦労がわかった気がします。
 苦労して勉強する人は偉いと思います。
 教育費のことも国は考えてほしいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ