二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術方法2017

 今日は休診日です。
 7月下旬に3連休を取って申し訳ございません。
 証人尋問で疲れたので
 3連休はゆっくり休みます。
 眼瞼下垂の診断基準2017の続きです。
 便利な時代になりました。
 ネットで手術ビデオを見て勉強できます。
 学会でも動画で発表する時代です。
 眼瞼下垂の手術方法は先生によって大きく違います
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術のポイントです。
 眼瞼下垂の再発③
 眼瞼下垂の再発④
 2012年1月12日の院長日記に…
 眼瞼挙筋がんけんきょきんという筋肉は…
 ぎょうざの皮のように薄いと書きました。
 実際はぎょうざの皮より…
 もっと薄いのです。
 その薄い皮は破れやすく…
 目尻側と目頭側で厚さも違います。
      ■         ■
 どこをどんなふうに…
 糸で引っぱって固定するかが…
 とても難しいところです。
 目頭側がうまく上がらず…
 黒目の目頭側だけ隠れる人もいます。
 そんな人を丸い目にするのは…
 ほんとうに難しいと思います。
      ■         ■
 両目をそろえるために… 
 丸い目にするために…
 手術中に確認します。
 一度でうまくいく人もいれば…
 何回も調節が必要な人もいます。
 絶対に手術ロボットではできません。
      ■         ■
 しっかり固定するには…
 丈夫な糸を使って
 糸の本数を増やせばできます。
 しかし…
 まぶたの中に糸を何本も入れると…
 ごろごろ感異物感が出ます。
 ぎょうざの皮の筋肉を…
 糸で固定する部位は…
 瞼板けんばんという組織です。
      ■         ■
 手術中に見ると…
 筋肉は
 瞼板けんばんは白く見えます。
 この瞼板けんばんは、
 黒目に接しています。
 瞼板けんばん法という埋没法は、
 この瞼板けんばんに直接糸を通すので、
 角膜傷害を起こすことがあります。
      ■         ■
 私たちが悩むのは…
 しっかり固定はしたいが…
 瞼板けんばんを変形させたり…
 瞼板けんばんに障害を起こすことは…
 いくら眼瞼下垂症手術だからといっても…
 絶対に避けたいからです。
      ■         ■
 再発したと…
 来院された方の再手術をすると…
 ほぼ100%瞼板けんばんに固定した糸が外れています。
 つまり…
 ここがしっかり固定される前に…
 何らかの原因で瞼板けんばんと筋肉が外れてしまったのです。
 開業してから13年間…
 いろいろ工夫を重ねていますが…
 ここのところが一番難しく苦労しています
      ■         ■
 若い人の眼瞼下垂は、
 再発することがあります。
 原因は目をこすったりひっぱったりすることです。
 切開したら戻らないというのは間違いです
 再発した場合は、
 再手術をします
 切開を長くしたり、
 固定をより強くします。
      ■         ■
 ここからが今日の本題です。
 下の絵のように、
 若い頃は、
 街中の男たちが一目惚れするほどの美人でも
 年齢とともにまぶたが下がってきます
 不機嫌ではないのに、
 不機嫌そうに見える人もいます。

      ■         ■
 よく見ると、
 二重のラインが残っている人もいます。
 不機嫌そうに見える原因が、
 眼瞼挙筋のためではなく、
 伸びてしまった皮膚のことがあります。
 もともと二重だった人に、
 無理に挙筋腱膜固定をすると、
 まぶたの違和感を訴える人がいます。
 再発した若い人の眼瞼下垂症と違って、
 この違和感を取る手術は難しいです
      ■         ■
 ですから、
 私は年齢とともに下がってきたまぶたには、
 それなりの皮膚切除はしますが、
 挙筋腱膜固定は、
 若い人ほど強くしないようにしています。
 こんなことを院長日記に書くと、
 批判されることもありますが、
 実際に患者さんを診て、
 苦労して得た経験と知識です。
 聞き流してください。

ontona_20160316_2

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ